知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

生き方

他人を批判すると大変なことになる話【失敗しない人生のために】

投稿日:2020年2月1日 更新日:

他人を批判する人って、いますよね。


見てても、あまりいい感じしませんね。



なぜ?って。



ネガティブなエネルギー満タンだからね。



結論を言うと、他人を批判する人を気にしなくていい。


なぜなら、他人を批判する人は大した人じゃないから。



他人を批判すると、実は、本当は大変なことになるんだ。


だから、他人は絶対批判したくないね。


今日は、このあたりについて、詳しく書いとくね。


他人から批判された対処法も書いとくから参考にしてね。


スポンサー広告


他人を批判する人の特徴




他人を批判する人って、ホント大したことないよね。



嫉妬心の塊の人



世の中には、嫉妬心の塊かと思う人がいますよね。


・出る杭を打ちたい人

・他人が自分より、優れているのが気にくわない人


上記の2つを持ち合わせている人、他人を批判する傾向すごくありだな。



出る杭を打ちたい人



職場で自分より有能な新人が現れると、立派なこと言って自分をひけちらして、マウントを取ってくるタイプの人って、いますよね。



また、自分の名前は隠して、匿名で、他人のSNSの投稿を批判してくるタイプの人って、最近多いですよね。



私も、サラリーマンで新人の時に経験したのですが、出る杭を打ってくる人って、超ウザかったですわ。



全然協力的でないし。



新人で肩身が狭かった私は、かなり辛かったです。



最近では、有名になりそうなインフルエンサーやユーチューバーを匿名で批判する人多いですよね。



自分に自信があるのなら、実名ですればいいのに。


他人が自分より、優れているのが気にくわない人



ホリエモンさんのSNSでのコメントを匿名で批判してくる人って、いるよね。



それって、このタイプの人ですね。



他人が自分より、優れているのが、いてもたってもいられないのでしょうね。



他人のことを批判する暇あったら、自分のことしたらいいのにね。




よくテレビでプロ野球を観戦して、ブツブツ言っているおじさんがいるね。



少なくとも、プロ野球選手は、そのブツブツ言っているおじさんより、上手いのにね。


なんせ、優れた人を見たら、気にくわないのだろうね。



傲慢な人



常に自分が正しいと思っている、超傲慢な人。



会社の社長とか、経営陣にいるよね。



常に自分が正しいと思っているから、部下やみんなのこと考えないし。



頭ごなしに他人を批判してくるし。


こんな上司、あなたの会社にいませんか?



僕の会社にも昔いましたね。



部下の話聞かずに、一方的に攻めたててくる上司。


困ったもんだ。



単なるうさ晴らし



自分が何もしないしできないので、他人をただ傍観して、単なる憂さ晴らしをしている人。



自分に自信がないので、何もしないのでしょうね。



たんなる暇つぶしでしょう。




あと、その人の中に、強烈なストレスが溜まっていて、そのはけ口として他人を批判してくる人もいる。



他にすることがないのでしょうかね。



そういう人は、いつも不機嫌で不満な顔してるね。



いつも不機嫌で不満な顔している人見たら、要注意。



近寄りたくねー。


スポンサー広告



他人を批判すると大変なことになる




他人を批判ばかりしてると、人生失敗しますよ。



他人を批判すると、すべて自分に返ってくる



他人を批判すると、批判した分全部自分に返ってくるのですよ。



ブーメラン効果と言って、自ら出したものは自分に返ってくるのですよ。



他人を批判すればするほど、自分に批判の種が返ってきます。



他人を批判する人は、常にストレスに苛まれています。



だから、また他人を批判して、ブーメランで返ってきて、ストレス溜め込んでまた他人を批判して・・・・・の悪循環にハマってしまっています。




そして、批判してしまった以上、今度は自分が縛られて生きにくくなりますから。



例えば、「転職する奴はクソだ。」と他人を批判したとしましょう。



すると、もう自分は転職しにくくなるしね。



そのように、自分の言動にも縛られてしまうしね。



批判をエネルギーにしている人は



他人を批判する人は、ものすごいネガティブなエネルギーが溜まっているね。



だから、自分が他人を批判しているなんて、気付かないのでしょう。



ネガティブなエネルギーが溜まりすぎて。


尚かつ、そのような人には、そのような人が集まります。



他人を批判する人には、他人を批判する人が集まるのです。



だから、余計に気付かないし、勢いをましてくるのです。



そして、ある日突然、運気を落として、会社や業界から姿を消すのです。



居場所をなくすのです。



いるでしょ。あの人居なくなって、せいせいしたって人。



そういう人は、突然居なくなるものでしょ。



突然居場所をなくすものなんですよ。



他人のことは、褒めるくらいで丁度いい



他人のことは、褒めて差し上げるくらいで丁度いいよ。



他人の嫌なところが見えたら、いいところを3つ見つけるくらいで丁度いい。



他人の批判に時間を使いたくないからね。



後々、必ずブーメラン効果で返ってくるし。
他人のことは、褒めて差し上げて、自分の人生に時間とエネルギーを使った方がいいね。
だって、個性はみなそれぞれだから、自分の個性を発揮する人生に集中したほうがいいね。



それに人生って、案外、短いものだしね。



誰のものでもない、自分の人生だから



他人を批判したところで、自分の人生変わらないでしょう。



他人の批判に時間を使うくらいだったら、自分の目指す人生に集中したいよね。



かけがえのない自分の人生だもん。



そして、昨日の自分と今日の自分を比較して生きたいね。



自分の成長を生き甲斐として。



そうすれば、他人のことなんか、気にならないよ。


まして、言うだけ時間の無駄。


他人の批判を言うグループとは、距離を置いて自分の人生を見つめていきたいね。


  

他人に批判された場合は




他人に批判された場合の対処について、まとめます。



私なんぞ、気遣ってくれて




他人が批判してきた時は、私なんぞの者を気遣ってくれて、ありがとうの心情でいましょう。



そして、何を言ってきても、「そうだね。」「そうだね。」と相手が落ち着くまで、肯定しておきましょう。



他人を批判する人は、精神的に未熟な人だから、肯定しておけば、認めておけば大人しくなることが多いね。



相手が落ち着いたら、きちんと説明してもいいし、面倒くさければ、そのまま退散してもいい。



とにかく、批判のエネルギーに毒されないことが大切。



余裕があれば、後で、あの人の言い分も一理あるな、と肯定的にとらえればいいし。



ほとんどが妄想だから



他人を批判する人は、ほとんどが妄想で言っていることが多い。



自分の思いこみで。



実は、深層心理では、他人を批判していると思っているが、自分で自分を批判しているんだ。



他人を批判している人は、他人を批判しているつもりが、実は内在の自分を見て自分を批判してるんだ。




だから、妄想。



例えば、妄想を見ている人に、「それ、妄想だよ。」って言うと、怒るでしょ。



他人の批判してくる人に、「それ、違うよ。」って言うと、烈火のごとく怒るでしょ。



それと同じこと。



妄想で批判しているのだから、言われる方は、気にしないでいいんだよね。



テレビのニュースの解説でも、プロ野球の解説でも、他人の批判をしている人は的外しているもの。



メディアを意識して喋っている人でも、的外しているのだから、テレビにも写っていない普通の生活の中では、妄想の野放しになっているね。




自分は自分、他人は他人



他人のネガティブな感情から出た批判は、気にすることないね。



それよりも、自分は自分、他人は他人。


自分の仕事や家庭をより良くすることを第一に考えて、他人の批判はうまく聞き流し、批判なんかせずに、自分の人生を豊かにすることが大切だよね。



自分が豊かになれば、豊かな人が集まってくるし。



他人の批判をしなくて、自分を豊かにしたい人のグループで自分を磨けばいい。


それが、自分のためになるし、人のためにもなる。



失敗しない人生のために



本当に人生に向かい合うと、他人を批判している時間なんてないんだ。



他人を見て、いちゃもんつけている場合じゃなくて、自分を見るだけで精一杯なんだ。



後々で、後悔しない人生を歩もうと思ったら、自分の仕事、自分の家庭、自分の心情と向き合うだけで十分だけどね。



自分の信じる道で、死ぬときに後悔しない、本当の豊かな人生を目指すのが、失敗しない人生と思う。
スポンサー広告

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

陰徳を積む本当の意味はコレだ!私が苦労して得たことを公開します

世の中、いい事をしたらいい事が起きるとか、引き寄せの法則とかあるけど、ボクは違うと思うな。 陰徳を積むって言葉は、ものすごく壮厳で威厳があるけど、本当の意味って、みなさんわかってないんじゃないのかなっ …

働くやりがいとお金!どっちを選ぶ?令和の時代は絶対にコレ

働くやりがいとお金。 非常に悩みますね。好きな仕事を選ぶべきなのか、それとも実入りのいいお金が多い仕事を選ぶべきなのか。 昭和の時代やバブルに沸いた平成の時代は、断然お金のいい仕事を選んだ方が人生楽し …

資格を取ったら貧乏になる!「手に職」はもう古い

資格があれば手に職ができるとうことで、資格取得と目指している人は多いでしょうね。 資格取得者が、案外仕事がなかったり。 低所得で、結果、貧乏するはめになったり。 資格取得しても思ったほどの生活が出来な …

人のために生きるのは最悪!人生に疲れたら、自分を確立しよう

良かれと思って、人に気を使い過ぎて生きてませんか? 「人の為」と書いて、「偽り」となります。 人のため、人のため、と神経使って。 疲れ果ててしまったら、誰のための人生なんでしょうか。 人のために生きて …

自分の価値を高める7つの方法!継続すれば必ず変わる

自分で自分に価値を持てないと人生、つまらないよね。 ぐずぐず悩んだり、落ち込んだりと。 自分一人で消耗してますね。 職場で、学校で、家庭でも。 自分に価値を持てないという方に、考え方を変えていくことで …