知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

生き方

プライドを捨てると、人生100倍楽しくなる

投稿日:

プライドという、見えない驕りがせっかくの人生をつまらない、窮屈なものにしていませんか?



プライドには、良いプライドと悪いプライドの2種類あります。



ほとんどの人が、悪いプライドに侵され、知らぬ間に生きにくくしています。



自分で自分を傷つけています。



悪いプライドを捨てて生きれば、人生100倍楽しくなる話をします。

スポンサー広告


2種類のプライド、1つを捨てるために知っておきたいこと




プライドには、2種類あります。


悪いプライドと良いプライド。


悪いプライドとは



悪いプライドとは、自分の見栄や体裁、保身を守るものです。


他人より、自分の方が上ということを固辞したい時に生まれる感情です。




ネガティブな感情で、他人を攻撃したり、傷つけたりする感情と紙一重です。



頑なに自分中心になっています。



意固地である



会社のワンマン社長など、この傾向にある人が多いです。



自分が正しくて、他の人は間違えていると思い込んでいます。



例え、自分が間違えていても、自分の考えを変えることはしません。



まして、人の話に聞く耳を持ちません。



人はそのような人を冷ややかな目で、プライドの高い人と見ています。



会社では、社長だから、関わっているだけで、人は内心ではあまり関わりたくないと思っています。



 

マウントを取ってくる



会社でも、よくいるマウントを取ってくる、面倒くさいヤツです。



常に自分が上位であるとの見解を持っており、会話でも、知識をひけちらして上位をアピールする癖のある人です。



認められたいという欲求がつよく、子供のような精神の持ち主です。



周りの人も、仕方ないから付き合っているだけで、プライベートでは、ノーサンキューの人です。



知識をひけ散らかされても、聞く方は大変ですよね。




負けず嫌い



プライドの高い人は、常に人より優れていたいと思っています。



そして、評価されたい、また自分は評価されるに相応しい人と思っています。



常に主導権を取りたがり、また同時に負けるのではないか、という不安も持っています。



自分は、いつも優秀であるという自意識と強迫観念を持ち合わせています。




こんな人は、関わる人も疲れますし、実は本人が一番疲れているのかもしれません。



人を見下す



自分が他人より、上位にいたいという衝動から、常に人を見下しています。



仕事においても、暮らしにおいても、人より上でないと気がすまないようです。



自分より下の者が、評価されるのは我慢ならない気質です。



常に衝動の中に、軋轢と葛藤を内包しています。



まわりの人も、プライドの高い人の軋轢と葛藤の被害者になっています。



悪いプライドのデメリット



悪いプライドの持ち主は、自分で自分を生きにくくしています。



デメリットとしては、以下のものがあります。
・本当の意味での友人ができない

・本当の意味での恋人ができない

・幸せ感がない

・体裁、見栄で生きる

・実は、常に怯えている

スポンサー広告



良いプライドとは




良いプライドとは、自尊心からくる感情です。

尊敬する人は、他の誰でもなく、自分で自分を誇れる生き方をしている人です。

人も自分も大切にします。


内面的に安定している



良いプライドの持ち主は、自分を大切にしています。


そして、誰よりも自分は愛されていることを自覚しています。


内面が安定しているのて、他者評価において消耗することはありません。



穏やかな心の持ち主です。



公私ともにうまくいくので、幸せな時を過ごすタイプです。



本当の自己犠牲ができる



人に役立つこと、喜ばれることを厭わずにできる人です。


自分中心に生きることはしません。



常に自他の愛をもって、人に接するので、男性にも、女性にも、好かれます。


年上にも、年下にも好かれるタイプの人です。


真の友人や恋人、パートナーに恵まれます。


思考が柔軟である



すべての人を受け入れ、称えていくので、思考が柔軟です。


人生におけるあらゆる難所も、柔軟な思考で切り抜けていきます。



知識ではなく、知恵を持って行動できる人です。



あらゆる人とうまくやっていけるので、人から多くの知恵を授かります。



常に向上している



何歳になっても、素直に物事を見るので、年齢を重ねれば重ねるほど、疑問もわいてきます。



なぜなら、時は進化するからです。



良いプライドで生きる人は、柔軟な心の持ち主ですので、年齢とともに柔らかくなってきます。


そして、既存の概念に囚われることがありません。


常に、柔軟な若い方から学ぶことができる謙虚さを持っております。



ですので、年齢とともに進化していくことができます。



良いプライドで生きる人は



良いプライドを発揮して生きる人は、人生が豊かに恵まれます。
・素直な自分でいられる
・常に成長できる

・見栄、体裁から卒業できる

・自分も人も大切にできる

・人生の幸せ感が大きい

・真の友人やパートナーに恵まれる

・真のモチベーションが高い

・消耗や葛藤が少ない
良いプライドで生きた方が、人生100倍楽しくなりますよね。


では、どうしたら、良いプライドで生きることができるのでしょうか?



答えは、簡単です。



悪いプライドを捨てることです。


「捨てれば、入ってくる」これは、一つの法則ですね。



断捨離でもそうですが、不要なものを捨てることによって、すっきり片付いた部屋が手に入り、気持ち良さが入ってきます。



プライドも同じで、悪いプライドを捨てると、その人のいい個性が発揮され、それが良いプライドに転化するわけですよね。



悪いプライドをどんどん捨てていきましょう。


プライドを捨てる7つの方法




なかなか自分を変えることは、容易ではありません。


成功者と言われる人達も、大変な挫折を乗り越えて、人格に丸みをおびて謙虚になった人が多くいます。



そんな大変苛酷な挫折を経験することは、稀ですね。



日常の中で、悪いプライドの温床である傲慢な気質をできることで、コツコツ捨てていきましょう。



悪いプライドを捨てる7つの方法を紹介します。


見栄、体裁を捨ててみること



人生の価値基準から見栄や体裁を外す努力をすることです。


悪いプライドの持ち主やちょっとした成功を積んだ方は、見栄や体裁といった外見を気にする傾向があります。



一度、そういった内面的に満たされないものは、排除するようにしてみましょう。



生きていく上には、ある程度のお金や地位といったものも、必要になるケースも少なからずあります。



見栄や体裁を持っているのが、悪いというのではなく、こだわりすぎるのをやめてみましょう。



そうすれば、生きていくのが楽になります。



素直になる



悪いプライドの持ち主は、どことなく鼻が高く、素直じゃない人が多いですね。


自分が正しい、自分は価値がある、との見解が支えになって、成功しているので人や出来事に対しての素直さがない場合が多いです。



それゆえ、目上の人から嫌われたり、仲間から煙たがられたりしてしまいます。



いっそう、自分に素直になってみましょう。



自分を本音から、愛しく愛していきましょう。



そうすると、人に優しくなれ、人からも慕われてきます。



感謝する



人間は、ひとりで生きているのではありません。



あらゆる人との共存でなりたっています。



人とのふれあいの中で、当たり前のことに感謝してみましょう。



そして、自分の至らないことに反省してみましょう。



視点を変えて、自分を見ると、人間至らないことばかりです。




自分ひとりでやっているのではない、そして、謙虚じゃない自分に反省もしましょう。



反省できたら、きちんと口に出して謝ってみましょう。



謝ることを覚えることで、人間は謙虚になり、悪いプライドを捨てるものです。


小さな挫折を経験する



挫折を経験すると、人間は謙虚になります。


そういう意味で、挫折は人生の肥やしになります。



挫折をするためには、新しいことにチャレンジしなければなりません。



いつまでも、一度成功した土壌の上で、ふんぞりかえっていては、なにも成長しません。



なんでもいいから、新しいことにチャレンジして、頭を下げて教えを乞いましょう。



人の頭を下げることや失敗から学ぶことで、人は謙虚になります。


ボランティアをする



一見関係ないと思われるかも知れませんが、ボランティア活動をすることによって、悪いプライドの温床である、傲慢を拭うことができます。



私も、セールスマンで成功し、年収1500万円を手にした数年の期間があるのですが、いま思っても、傲慢で偉そうで、謙虚の欠片もない人間でした。



ある時、信頼している人から、大阪の新世界のゴミ掃除のボランティアをしてるんだが、一緒にいかないか、と誘われました。



なんか不思議な感じと、私には場違いな感じがしたのですが、信頼している人の誘い故に、誘いにのりました。



ボランティア当日、新世界のレジ袋や、空き缶で汚れた道路をゴミ取りの挟みとビニル袋を持って、掃除しました。



ボランティアをしている人は、見かけは茶髪のチャラい子も内面は純粋な子で、見るからに真面目そうな人や主婦やさまざまでした。



汚れた道路の掃除をしながら、彼らと話をしていると心が洗われた気がしました。


そして、金や地位や名誉だけが、人生ではないな、と素直に思えました。


この世で成功し、悪いプライドが身に付いたと思ってきたら、清掃のボランティアをすると、心が洗われます。


一度 大敗北する



本で読んだ話ですが、一流と言われる経営者も事業失敗で危うく倒産の憂き目にあった人も多いそうです。



その憂き目が、人間として成長させてくれたと言われています。



また、私の尊敬する有名ブロガーのマナブさんも、事業失敗でお金も仲間も失ったとブログで書かれています。( 私は、マナブさんのブログやユーチューブで学ばさせて頂いてます。面識はないですが、尊敬させて頂いている方の一人です。)




マナブさんも、ブログでそう大きな挫折は、なかなか経験できないものだから、自己責任で小さな挑戦をして、小さな挫折をされることをすすめられています。



元ボクシングバンタム級世界チャンピオンの辰吉丈一郎さんも、デビューから8戦目で世界チャンピオンに輝き、当時試合回数国内で最短での世界王者で、天才ぶりを発揮し、世間を騒がさせました。



しかし、世界チャンピオンになった後、すぐに網膜剥離になり、一年のブランクに。



復帰後、ラバナレスとの王者決定戦にまさかの敗北。



デビュー後、連勝を走ってきた辰吉さんにとって、屈辱に近い挫折に違いありません。



しかし、その大敗北を見事に乗り越えた辰吉さんは、その後のボクシングに安定が増し、言動においても、変化が見られました。



薬師寺保栄戦においても、試合前にはお互い譲らない舌戦はあったものの、負けを素直に認め、1ラウンドにあった不運の左手骨折を敗因の原因にしませんでした。



現在も、息子の寿以樹選手の勝利に、おめでとうございます、とアナウンサーからマイクを向けられても、相手選手のこともあるから、と口を濁します。



大きな敗北を経験したことによって、人の痛みがわかり、人格が向上されたのではないでしょうか。



偉大な師を見つける



とうてい手が届かない偉大な師を見つけることです。



偉大な師は、実際に会ったことない方でもかまいません。



自分との対話に使います。



起業を目指している方なら、とうていかなわない孫さんとか、インフルエンサーを目指されているなら、ホリエモンさんとか。



常に想像上の偉大な師をイメージし、偉大な師だったら、私になんと言うか自問自答しなからビジネスをする。



そうすれば、師は偉大すぎるあまり、傲慢にならなくてすみます。



ましてや、悪いプライドなんか、持っている場合ではありません。



偉大な師を持つことは、健全に勝ち続けることには、非常に大事です。




霊長類最強女子の異名を持つアマレスリングの吉田沙織さんは、父 栄勝さんの手ほどきを経て、アマレスを学びました。



いくら試合に勝っても、まだまだと一切認めてくれなかったそうてす。



父に認めてもらうために、連勝を繰り広げました。



オリンピックでも3連覇をなし、4連覇のかかったリオネジャエイロのオリンピックでは、まさかの銀メダル。



リオネジャエイロのオリンピック前には、いつも克つを入れてくれていた父は、他界されてました。



結果は、まさかの銀メダルでした。



これは想像ですが、いつも至らない自分を叱責してくれていた父がいなくなったことで、心に隙間ができたのではないでしょうか。



プライドを捨てると、人生100倍楽しくなる





悪いプライドを捨てると、人生が100倍楽しくなることは、理解していただけたと思います。


悪いプライドを捨てて、良いプライドで生きるメリットをもう一度まとめてみます。
・素直な自分でいられる

・常に成長できる

・見栄、体裁から卒業できる

・自分も人も大切にできる

・人生の幸せ感が大きい

・真の友人やパートナーに恵まれる

・真のモチベーションが高い

・消耗や葛藤が少ない

見栄や体裁を高めるといった、人から認めてもらう生き方ではなく、自分を大事にする生き方を高めていきたいものです。

スポンサー広告

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

終身雇用の崩壊!どうなる?近未来の姿はコレ

大手企業に勤めたら、定年まで安泰なんて嘘。 終身雇用が今後も続くなんて、まさか。 国の借金だけが、右肩上がりで増え続けている今。 どうなる日本? 最近の経済連の会長の発言やトヨタ自動車の社長の発言、 …

マインドブロックをセルフで解除する4つの方法!必ず突破できる

マインドブロックを自由に解除できたら、いいと思いませんか? 人は、知らず知らずのうちに、自分で自分のこころを不自由に束縛しています。 自分で不自由にしたのだから、自分で解除できるはずです。 今日は、私 …

自己肯定感を上げると人生が変わった7つの方法【後悔しない人生のために】

自己肯定感が低くて、悩んでいる人は大勢いるでしょうね。 現代社会の課題と言っても、いいくらいですね。 自己肯定感が低いと ・なかなか行動できなかったり ・行動に移す前に、悩みこんでしまって、塞ぎこんで …

好きなことを仕事にするのは難しい?【失敗しない人生のために】

好きなことを仕事にするのは難しいのでしょうか? 世間一般的には、好きなことを仕事で稼いでいくのは、難しいという意見が圧倒的でしょうね。 しかし、そもそも、人間は嫌な仕事をして、我慢して、不快なものを溜 …

仕事を休みがちで行きづらい、辞めたい時、辞めても大丈夫です【ゆるく生きて行こう】

仕事を休みがちで、行きづらくなってしまった時に、いろいろ悩んでしまいますね。 辞めるって言いにくいな。 みんな、頑張っているのにな。 今、辞めたら、今後の人生どうなるかな。 このような疑問に答えます。 …