知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

生き方

嫌な仕事から逃げたい新人君よ!さっさと逃げよう

投稿日:2019年8月26日 更新日:

会社に就職したけど、この仕事自分に合っているのかな?


なんか仕事するの憂鬱。


嫌な仕事から逃げてしまいたい!


そんなことを思っている新人さんよ。


さっさと逃げよう。


若い方に提案します。


終身雇用が崩壊した令和の時代、会社にしがみついてもムダ。


まして嫌々仕事しても、スキルが身につきません。


年金もあてにならない時代、若い方は死ぬまで労働。


では、楽しく仕事していくほうがいいじゃありませんか?


今日は、今50歳の私が、30年前の若い時分に提案したいこと書きます。

スポンサー広告

嫌な仕事をしていると


朝、起きてからお腹が痛くなったり、憂鬱な気分になったり。


通勤中に考えることと言えば、早く週末にならないかなっということだけ。



会社での仕事中にも、イライラして能率があがらない。



理不尽な嫌な上司の下で働きたくない。もう限界!



ダラダラした会議、意味がないっ!



こんなことになっていませんか?



こんな状態で仕事していても、何のスキルも身につきませんよ。


それよりも、体を悪くしてしまいます。


ひと昔前だと


昭和の時代の高度成長期だったら、


日本の人口も右肩上がりに増え、経済も右肩上がり。



どんどんどんどん産業が伸びていっている時代なら、大きな資本にある大企業にいる方が、絶対得。



ボーナスも、昇給もいいし、退職金もわんさかある。



そんな時代だと、大手の企業に資本にしがみついている方が、賢い生き方。



だから、一流大学に入ったら、大手企業に入り、定年まで勤めあげるのが王道な生き方。


令和の時代は、大手企業が恐竜君


大手企業が軒並み、45歳以上の希望退職者を募ったり。


世界のトヨタが、終身雇用を継続するのが難しいと発言したり。


経済連の中西会長も、終身雇用も守るのが難しいと、軒並み発言されています。




これは、何を意味しているのでしょうか?



大手企業が、人件費にアップアップしている様子が見えますね。



会社の図体がでかすぎて、忍び寄るAI革命に対応がうまく取れずにいます。



まるで太古の昔、氷河期の気象にうまく対応が取れずに滅んだ恐竜君のようです。



氷河期にうまく対応が取れたのは、マンモスではなく、類人猿の先祖です。



しかも、体毛を捨て、その代わりに火を使うことで、体温を温めることで生命をしのぎました。



今の社会に当てはめると、大手企業は恐竜君。



自ら体毛を捨て、道具を使い火を使うことを覚えて、今の人間へと進化したのは、パソコン片手に活躍する新しい分野で活躍するブロガーやユーチューバーやSNSで活躍するインフルエンサーと呼ばれる人たちではないでしょうか。


時代はこう動く


いま50歳目前の私が、30年前の20歳の時に戻れるなら、絶対に大手企業なんかに就職しない。


昭和の時代、大手企業は資本力をバックにどんどん成長していった。


いまは、状況が変わった。


それは、日本の人口がどんどん増え続けて、商品を作れば売れる時代。


何か新しいもの、価値があるものを作れば売れる時代。




いまは、人口が減っていく時代。




だから単純に考えて、企業の数も減っていかないとおかしいね。



これは何を意味するか。



大きい組織に居て、生きていく時代はもうトレンドじゃないね。



それにAI化が進むから、今人間がしていることの大部分はAIがするね。



配達は、間違いなくドローンがするだろうし、自動車は自動運転になるから、タクシー運転手はいなくなるだろうし。



AIの方が、知識のビッグデータを蓄積できて、更新も簡単にできるから、AIの大学教授なんか登場するかもしれないね。


もしかしたら、AIの弁護士や検事も登場して、AI同士が法廷で人間を相手に裁判するかもしれないね。



AIの裁判官も登場するかも。



何しろ、AIの出現によって、仕事がAIがするので、企業は人間を雇う必要がないね。



令和の時代


大手企業は人を雇えなくなる


仕事がどんどんAIに変わっていく
スポンサー広告


私が若かったら、こう生きる


昭和の時代、大手資本に乗って働けば、資本の恩恵を沢山頂けましたね。



大手と中小やはたまた従業員、5、6名の零細企業なんかとでしたら、ボーナスや昇給、年金なんかも雲泥の差。



要は、国中が成長している時代は、大きい資本の中で仕事をした方が断然得。



チャンスも多いし、新規ビジネスだったら、赤字でも数年資本力でカバーしてやっていきる。



これが、中小や零細だったら、そうはいかない。



そして、給料やボーナス、はたまた年金や福利厚生に大きく差が出る。



これらのことを踏まえて、この令和の時代。



私が、もし若かったら絶対こう生きる。



グーグルに乗る


グーグルに乗るって?


そう思われるかもしれない。



もっと具体的に言うと



人気ブロガーになる。


人気ユーチューバーになる。


フォロワーの多いインスタグラマーになって、商品を紹介する


迷わず上記のように生きる。



グーグルのプラットフォームに乗れば、ブログだったら、上位に検索されなければならない。



ユーチューバーだったら、登録者数が多くなければならない。



インスタグラマーだってそう。




しかし、うまくグーグルから認められれば、いや、魅力あるものを作れば、瞬時に拡散されるのが、グーグルの魅力だ。



そして個人でもやれる。



例えば、美味しい美味しいホントに旨いたこ焼きを路上で売っても、影響のあるのは、道を通る人とたこ焼きの美味しい匂いの届く範囲まで。



例え、行列ができたとしても、日本中から人が集まるのはあり得ない。



しかし、人に役立つブログを書き続け、検索上位に上がれば、日本中の人に読んでもらえる。



これは、グーグルの資本力のお陰。



そして個人でも、グーグルの恩恵にあやかれる。



たこ焼きの美味しい作り方!いつでもタコパOK



というタイトルで、記事を書いておけば、いい記事だったら、全国の人に見てもらえる。



そして、アドセンスの広告を貼り付けておけば、収入が入る。



私が若かったら、ブログやユーチューブ、インスタグラム、SNSを使って、自分の得意な分野、興味ある分野で稼ぐことを考える。



実際、年収が億を超える人もいるぐらいだ。


もしやりたいことがわからなかったら



かといって、やりたいこともわからず、ブログやユーチューブを使って何をしたらいいかもわからない。



こんなことで悩んでいる人も多いと思う。



実際、若いころの私もそんな時期があった。



その時、私がとった行動は、とにかく楽しいそうな会社を見つけて入る。



自分で通用しそうな会社で、楽しいそうな会社。



楽しく仕事をしていれば、ソコソコの能力なんてすぐに身につく。



能力が付いてから、次のことを考えればいいのである。



中小企業だったら、ソコソコの実績を上げれば、新規事業を任してもらえることもある。



そして個人でも稼げることが、思い付けば、ブログやユーチューブで頑張ればいいのだ。


令和は、個人の時代


令和の時代は、個人で影響力を出せる時代である。


ツイッターでもフェイスブックでも、個人で見知らぬ人々に発信できる時代である。



会社のしがらみを越えて、自分の個性を発揮できる時代である。



今の仕事が嫌ならとっとと会社を辞めて、自分の興味ある分野を伸ばして、個人で発信していけばいい。



嫌な仕事をいやいやしていても、身につかないばかりか、体を壊す。



また仕事に対して、変な姿勢が付く。



本来、仕事とは楽しく、価値を広げ、人々と共感しながらやっていくものである。



まず自分が楽しくなければ。




令和の時代を生きる若い諸君、新人君。



嫌な仕事なら、どんどん辞めていい。



辞めても、いまの日本なら、アルバイトも含め沢山の仕事がある。



そして、個人でも稼げる力を身につけよう。



そして、絶対的にタダで利用できるグーグルに乗っかろう。



うまくいけば、1年後、あなたも人気ブロガーやユーチューバーになっているかも。
スポンサー広告

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブログが書けない!初心者が失敗しない10個の方法【始めた頃の私に告ぐ】

ブログ書き始めた頃、考え過ぎて、なかなか書けないことがありますよね。 そんなときに、知っておけばよかった、ということを書いていきます。 私がブログ初心者だったときに、ぜひ、教えてやりたかったことをまと …

社会人が勉強するのはしんどいが、やり方による話【失敗しない方法】

社会人が勉強するのは、大変ですよね。 でも、勉強することの的を絞って、切り詰める時間を切り詰めて、やれば大丈夫です。 稼ぐことを勉強すれば、人生が豊かになると思う。 2019年、大手企業の45歳希望退 …

好きなことで生きていくのは無理ではない話!失敗しないこれからの生き方

好きなことで、生きていくのは無理だ、と思っている方も多いでしょうね。 好きなことで生きていくのは、無理なこともあります。 しかし、好きなことで生きていくのは無理ではないこともあります。 でも、これから …

ソウルメイトと出会うときの前兆!3つの条件と絶対見逃したくない6つの変化

ソウルメイトに会いたいですね。 永遠を共にする、宇宙大の愛を共にする、そして運命を共にするそんなソウルメイトと出会いたいものです。 でも、どうやってソウルメイトと出会うのでしょうか。 皆さん、疑問に思 …

運気が上がる方法!人間関係が良くなる7つの法則

人生って、人間関係の良しあしで決まってしまいますね。 関わる人との関係が良くないと、人生が楽しくないですよね。 ツイテル人生を送っている人って、みんな人間関係に恵まれてますよね。 仕事や家庭、学校やク …