知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

生き方

仕事で成果を上げる3つの行動と2つの秘策とさらに1つの奥義

投稿日:2019年6月29日 更新日:

僕は、若いころどうやったら仕事ができるようになるか、仕事で成果を上げることができるか、会社から評価をもらえるかについて頭を悩ませてきた。



そして、ビジネスで成功した人の本を読んで、いろんなビジネスマンが交流するセミナーや会合に出席して、成功者の体験談を聞きに休日は過ごした。



そんななか、仕事で成果を上げるのはそんなに難しくないなって、思うようになった。



それは、スポーツを上達するかのようなちょっとしたコツを掴めばいいとわかったからだ。



今日は、私が若いころに実践し、それなりに結果を得た仕事で成果を上げる3つの行動と2つの秘策とさらに1つの奥義について、書こうと思う。



結構、シンプルなことなので、これからの若い人やいまから仕事で成果を上げたい人には、大いに参考になると思う。


スポンサー広告


仕事で成果を上げる3つの行動




下記の3つのことが重要です。

①真似をする

②毎日する

③結果を分析する
ひとつずつ見ていきましょう。




ポイント①;真似をする




僕がいた会社は、よく上司や先輩からできる人の真似をして学べ。



物まねでいいから、真似をして覚えていけ、と言われました。




結論から言います。



できる人の真似をしても、仕事ができるようになりません。



単に物まねがうまくなるだけです。



物まね名人になりたいのなら、それを信じてすればいいが、仕事で成果を上げたいのなら、即効やめるべきです。




では、何を真似するのか?



できる人の本質的なところを真似するのです。



例えば、以下のようなことです。



・どういう風に顧客が、購買意欲が出るように仕向けているのか



・値引き防止トークは、どのタイミングで入れているのか



・断られたときのメンタルの持ちようは




次のように奥義を盗みます。




どのように注目させて、どのように類似商品と比較し、どのようにメリットを伝え、その商品を使って、利益を得たイメージを作らせているか。


値引きされないようにどのようにして話しの主導権を握るか。


お客様から購入を断られたとき、どのようにメンタルを切り替えているか。



話し口調を真似するのではなく、考え方を真似るのです。



これなら簡単です。



できる人が、この部分はこういう言い方をしているな、



この部分は確認を取りながら話しているな、



こういうことは、さっと流しているなと観察したら、実際にやってみるのです。




ポイント②;毎日する




これは、大切ですね。でも、たいていの人は、しないことですね。



〇〇営業部長の営業手法を真似ると決めたら、毎日行います。



今週は、アプローチのところを真似る、



来週は、電話応対のところを真似る、と。




〇〇営業部長を真似ると決めたら、〇〇営業部長の営業の一部始終のエッセンスを吸収できるまで、毎日行うことです。



何事においても、毎日継続することが成果を上げるコツです。




ポイント③;結果を分析する




さて、数週間継続して、できる人の行動からエッセンスを真似して会得し、しかもそれを継続して毎日おこなったら、必ずビフォー・アフターを分析します。



真似する前よりも、今の方が営業がうまくなっているのか、検証してみます。



うまくなっているのが、ほとんどだと思いますが、もし成果が出ていない場合、検証することが大切です。



素直に振り返って、前の方がましだったな、思える場合は、真似をする人を変えます。



もしくは、以前の自分のやり方に戻します。



意外と自分のやり方が、群を抜いてよかったということもあります。



時には、部下や年下の者に真似る相手を変えることもあります。



こればかりは、やってみないとわかりません。



実際にできる人を真似て、うまくいかなくなったり。



その逆に、派手さはないが、安定して成果を上げる人を真似て、ものすごく自分が伸びたということもありました。



一定期間、真似をしたら、結果を分析することが大切です。

スポンサー広告



仕事で成果を上げる2つの秘策




仕事でもっとまわりに差をつけるには、さらにあと2つの秘策が必要です。


①トレンドに乗る


②信頼できる仲間を見つける

では、見ていきましょう。




ポイント①トレンドに乗る




社内で仕事をする場合でも、副業や自営を始める場合でも、トレンドに乗ることを始めるのが肝心です。



波乗りのようにウェーブが来ている分野だと、その波に乗れば最小の努力で大きく稼ぐことができます。



例えば、ひと昔前の仮想通貨の分野とか、ユーチューブで稼ぐとかです。



波が来ているときは、注目される記事を書けば、人目について月に100万稼ぐひとなんかざらにいました。



こういう風に常に波が起きそうなものを日頃からチェックしておく必要があります。



情報やビジネスで影響のありそうな人の言葉をまめにチェックしておくのです。





例えば、ソフトバンクの孫さんやホリエモンさん、



あと、各分野にいるインフルエンサと言われる人の言動をツイッターやSNSでチェックしておきましょう。



これは本当に重要です。




同じ努力をするにしても、トレンドに乗るか乗らないかは大きく結果に違いが生まれます。


会社員の場合でも、社内で影響力のある人の言動をよくチェックしておきましょう。



たいていの場合、社長か役員、肩書のある人の言動から、新規にビジネスを始めそうな情報を聞いたら、会議にかけられる前にその分野を調べておきましょう。



新規ビジネスを任せられて成功を治めれば、グンと周りに差がつきます。



ポイント②信頼できる仲間を見つける




何か新しい分野を始める際は、積極的に社外のセミナーや交流会に出かけて、、色んな人と交流して情報交換をしましょう。



そこで、自分と波長の合う信頼できる人を見つけましょう。



人間一人でことを為すと言っても、一馬力ではなかなか進みません。



自分と波長の合う信頼できる人と始めれば、成果が2乗、3乗になります。



新しい知恵がどんどんでることもあります。



積極的にこころを一つになれる同志を集めて、一緒にやりましょう。



愛して愛してやまないことを見つける




人間、愛して愛してやまないことを見つけられた人は幸せです。



人は個性とうものがあり、その人だけに与えられた天性というものがあります。



寝ても醒めてもできるもの、寝食忘れてできるものあります。



それが天性です。



一日中やっても飽きない好きで好きでたまらないものを見つけ、没頭しているうちに色んないいアイディアが湧いてきます。



そしてそのアイディアに共感する人が集まってきます。



本当に自分が、寝ても醒めても、そのことに打ち込めるものを探していきましょう。



それが仕事にできた人は幸せです。




まとめ



僕は、若いころから仕事に苦労してきた。



どうやったら仕事がうまくできるのだろうと、模索していた期間があった。



ある時、気付いた。



できる人の真似をして、それを毎日続けて、きちんと結果を検証することに意識すれば、なんとかなるなと。



そのコツがわかってきてからは、そつなく仕事ができるようになった。




あと重要なのは、トレンドに乗ること、信頼できる仲間を持つこと。



時流にのり、信頼できる仲間がいれば、もっとうまくやっていける。



独立することも可能だ。



究極は、愛して愛してやまないことを見つけること。




寝ても醒めても没頭できることを見つけた人は、本当に強い。



幸せだ。



僕は、いまブログを書くことに生きがいを持って書いてる。



発信していくことは、好きだ。
スポンサー広告

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

20代諸君へ!これからの生き方を一緒に考えよう【激動の時代を乗り越える提案書】

20代の頃って、真剣にどう生きたらいいか悩みますよね。 就職活動を経験し、学生から社会人へと、20代は変化の多い年代です。 この不透明な時代にどうやって生きたらいいのだろうと、悩んでいる人。 ぜひ、こ …

引きこもりたい社会人!令和の時代は楽しみだぞ

社会人になって会社に勤めたけど。 おもしろくないな。 つまんないな。 いっそう、引きこもってしまおうかなって。 そう思っている人。 結構多いのではないですか。 満員電車に揺られて。 意味のない会議に出 …

大学生の目的はただ1つ、やるべきことはコレ[失敗しない将来のために]

大学生がやるべきことをネットで検索すると、勉強科目やレジャーや旅行とかいろいろ出てきますね。 それらは、すべて正しいでしょう。 しかし、大学生の目的がわかった上で、それらをしていかないと、何も身に付か …

【働きなくない大学生へ】悩んでいるならコレ【昔の私に告ぐ】

大学の卒業間近だけど、働きたくないな、就職したくないなって、悶々としている学生も多いと思う。 今の社会から、目指すイメージがなかなか見つからないのではないかな。 私自身、大学生の時、働くイメージがなか …

大企業は安泰じゃない話!中小やベンチャーは?これからの生き方はコレ

令和に入り、かなりの数の大企業が軒並みリストラや希望退職をしてますよね。 ひと昔前は、大企業に勤めれば、「一生安泰で定年60歳まで楽ちん生活」と言われていたのが嘘のようです。 大企業が安泰じゃないなら …