知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

健康

みかんの皮には栄養が豊富!特別な成分の効能はコレ

投稿日:2018年8月18日 更新日:

コタツでみかんで家族団らん、最高の過ごし方ですね。



ところで、みかんの最も栄養のある部分を食べていますのでしょうか?


みかんの皮を剥いて、その皮は後でゴミ箱に捨てて、実の中袋についてある白い筋をきれいに取ってから、食べていませんでしょうか?


その食べ方って、ものすごく勿体ない!


せっかくのみかんの豊富な栄養を捨ててしまっている。



実は、みかんには、あまり聞かない特別な成分が入っており、その部分を皆さん捨ててしまっているのですよ。



今日からは、みかん丸ごとの栄養を吸収できる食べ方にして、1個100円のみかんを何倍もの価値にしましょう。



では、どうぞご覧になって下さい。

スポンサー広告

みかんの最も栄養があるところは



果物は、ひとつの命を丸ごと頂くことで、バランスよく栄養の調和が摂れるようになっています。


果物の皮は、直射日光の紫外線から実を守るために、色素と言われる栄養が詰まっています。


色素とは、人間の60兆の細胞にとって、エネルギーを創造する重要な役割を果たしています。


果物の皮が苦いのは、この色素の苦みです。


みかんの皮にも、もちろん皮に色素が含まれています。




もうひとつ注目したいのが、みかんの皮を剥くと、実に白い筋が付いてますね。


これは、アルベド・中果皮と呼ばれ、捨てるには勿体ない栄養がいっぱい含まれています。


では、みかんの白い筋(アルベド・中果皮)から見ていきましょう。



みかんの白い筋にある栄養とは



みかんの皮と実の間にある白い筋、ここに注目したい特別な成分が含まれています。

それは、ビタミンP(ヘスペリジン)です。



あまり聞きなれた成分ではないと思いますが、人体にすごい効能をもたらしてくれます。



ポリフェールの一種で、ヘスペリジン・ルチン・エリオシトリンの総称です。


ポリフェノールとは、植物由来の抗酸化物質で、体を悪くする活性酸素と闘ってくれます。



ビタミンP(ヘスペリジン)の効能一覧
・美肌効果

・ビタミンCの安定

・抗酸化作用、活性酸素の除去

・血管細胞の強化

・血流強化

・血圧の上昇を抑制

・冷え性対策

・抗アレルギー作用

・中性脂肪の分解

・発がん抑制作用


ビタミンCは、体内に安定してないと美肌効果や抗酸化効果を期待できませんが、ビタミンP(ヘスペリジン)は体内のビタミンCを安定させてくれます。


みかんの白い筋(アルベド・中果皮)を食べることで、みかんに含まれているビタミンCの効果をより強化してくれます。


その結果、強い効果を発揮できるようになったビタミンCが、活性酸素の除去・血流改善をしてくれて、血圧の上昇を抑制してくれます。


その他、血流改善がなされるので、身体中に栄養が行き届き、冷え性対策にもなります。



ビタミンPは、みかんの実に対して、白い筋(アルベド・中果皮)に300倍含まれています。


他には、ペクチンという食物繊維があり、腸の中の水分を調整してくれ、便秘解消に役立ちます。



ぜひ、白い筋も食べたいものです。


あまり美味しいとは言えませんが、慣れるとそう苦にならずに食べれますよ。

スポンサー広告


みかんの外皮



みかんの外皮にも、ビタミンP(ヘスペリジン)とペクチンが豊富に含まれています。


みかんの実は体を冷やし、皮は体を温めます。


実と皮でバランスよくなっていますね。



中国では、みかんの皮を干したものを陳皮といい、健康促進に使われています。



陳皮の効能

・風邪の予防

陳皮は咳や痰を抑えてくれ、風邪の予防を期待できます。

活性酸素の除去、抗酸化作用により、免疫力もアップできます。



・胃腸を整える

消化不良、胃酸過多、下痢にも効果的です。

忘年会シーズンの冬の季節、食べ過ぎや胃もたれの予防になります。



・血要改善、冷え性対策

毛細血管の拡張が期待できるので、血流改善と冷え性対策になります。


・抗不安作用、睡眠増進

柑橘系の果物に含まれているリモネンという成分の香りが、リラックス効果をもたらしてくれます。

陳皮をお風呂に入れて、入浴すると熟睡作用が期待できます。


・アレルギー症状の緩和作用

ビタミンP(ヘスペリジン)は、アレルギー抗体に反応する白血球を動けるようにする働きがあります。



陳皮の作り方


体にいい陳皮ですが、簡単に作れます。


作り方を紹介します。


1、みかんの皮についてあるワックスや農薬を落とします。

流水にさらして洗えますが、塩水に浸けたり、酢水に浸けるとさらにワックスや農薬が落ちると言われています。



2、適当にお好みのサイズにカットします。

面倒くさければ、手でちぎってもOKです。


3、天日干しにする。

ベランダなど日のあたる場所に天日干しにします。


カラカラになるまで干します。だいたい1週間くらいで乾燥します。


干せるのであれば、より長く数か月干す方がベストです。


水分が抜けますので、最初にあった量より少なくなります。




陳皮の使い方ですが、紅茶のようにして飲んでもいいし、入浴剤代わりにお風呂に入れてもいいです。


粉末にして、お茶に入れてもいいですし、お好みでお味噌汁、うどん、お鍋や料理にふりかけて食べてもいいです。


簡単に作れるので、ぜひ作ってみましょう。



お掃除に使う


みかんの皮の煮汁でお掃除が綺麗にできます。


みかんの皮のクエン酸やリモネンが、油汚れを分解してくれます。

みかんの皮3個から4個を水2リットルに入れ、煮汁を作ります。


煮汁が冷めたら、ぞうきんを煮汁に浸して、床やフローリングを拭くと綺麗に汚れが落ちます。


お風呂掃除にも最適です。


さいごに


我が家は田舎育ちだったせいか、祖母の教えで食材のすべてを大事にして頂く教育を受けました。


食材の恵みである命丸ごとを感謝して頂くとう考え方です。

大人になって、都会に出て、友人がみかんの袋まで出して食べていたので、びっくりしました。


いま我が家では、妻も命を頂いているとう考え方に賛成して頂いて、みかんの皮も干して、お茶にしたり、おうどんの出汁に混ぜたりして頂いています。


もちろん、お掃除にも使わせて頂いています。


お陰で、冬場は家族みな風邪をひかずに過ごしています。

皆さまもよろしければ、みかんの皮まで召し上がって頂きたいと思います。
スポンサー広告

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

牡蠣の食べ過ぎや食あたりに気を付けて!下痢になると大変

冬の味覚の牡蠣。 海のミルクと言われるだけに栄養も満点でだし、美味しいしこの時期牡蠣を楽しみにしている方も多いでしょうね。 ポン酢をかけて、お酒のあてになんて最高ですね。 ついつい何個も食べてしまいそ …

腸内細菌を増やす食べ物は何なの? 腸から健康にしていくにはコレ

腸内細菌っていったいどんなものなの? どんな食べ物で増えるの? なんとなく腸は大事と思っている人が多いと思います。 実は、腸は内臓の中で一番古く、すべての臓器は腸から進化しました。 生き物のもともとの …

下痢で臭いが体臭まで!大事にしたい腸内環境

下痢で臭いが体臭まで強くなるって、大変ですよね。 腸の弱い方や下痢気味の方は、何かと臭いを気にされていると思います。 でも、さすがに体臭までってなると、きついですね。 下痢で、なんか体臭まで強くなって …

便秘解消の5つのストレッチで即効に改善しましょう!コレ効きます

排泄物が腸に溜まる便秘って、本当に嫌ですよね。 お腹は張るわ、気分は悪くなるわ、肌荒れやニキビなんか出来るわ。 ついつい食べ過ぎたり運動不足になると、便秘がちになってしまいますよね。 厚生労働省の発表 …

スイカの栄養は妊婦に抜群にいいんだ!えっ14個も効能が期待できるんだ

暑い夏、スイカに塩をかけて食べるのは、夏の風物詩ですね。 季節の果物だから、何気なく食べているスイカって、実は栄養のある果物なんですよ。 なにしろ、妊婦には有難い栄養がいっぱいあるのです。 妊婦さんは …