知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

健康

銀杏の12個の効能と副作用!食べ過ぎると厄介なことも

投稿日:2018年6月25日 更新日:

秋になると、イチョウの並木道にイチョウの葉が茂りますね。


イチョウの黄色い葉を見ると、秋という季節を感じます。


イチョウは、地球の生命の中では、ものすごく古くからあり、なんと恐竜よりも古い約2憶年前も前から生存していたのです。



驚きですね。



それだけ古くからある植物ですから、生命力も豊かなのです。



日本でも古くから愛されているのは、理由がありますね。



それは、栄養がものすごく豊富で、体への効能がもの凄いからなんです。



しかし、イチョウの実の銀杏は、体にいい反面、副作用もあります。



これは気をつけないといけません。


副作用を起こしてしまっては、せっかくの銀杏の効能も台無しです。



銀杏の効能と副作用をよく知って、副作用の出ない食べ方にしましょう。

スポンサー広告

銀杏の効能


約2億年もの生命力を持つイチョウの実の銀杏。


銀杏の効能は、計り知れないものがありますね。


効能の程を一つひとつ紹介します。



美肌の効能


特に女性には、嬉しい美肌に役立つ成分が含まれています。


銀杏に含まれるビタミンCは、コラーゲンを生成したり、メラニン色素を抑制して美白効果があります。


抗酸化作用もありますので、肌荒れやニキビの予防になります。


銀杏には、ビタミンEも含まれており、皮膚の血行促進に効果があります。

βーカロテンは、ターンオーバーの促進や皮膚粘膜の保護に役立ちます。


高血圧予防とむくみ解消


銀杏には、多くのカリウムを含んでいます。


カリウムは、体に余分に含まれているナトリウムを排出してくれます。


ナトリウムを摂りすぎると、体がナトリウムを薄めようと、水分を多く取り込みます。


血液量が増えることで、心臓に負担をかけてしまいます。

カリウムが余分なナトリウムを排出してくれるので、高血圧の予防とむくみの解消に役立ちます。


風邪の予防


銀杏に含まれるパントテン酸は、免疫抗体を合成します。


ビタミンCは、免疫機能に関係する白血球の働きを活発にします。


免疫力がアップすることで、風邪の予防になります。


ストレス軽減


銀杏に含まれるビタミンCは、美肌だけの効能ではありません。


ストレスを緩和する副腎皮質ホルモンを生成するのも、ビタミンCです。


銀杏に含まれるビタミンBも、脳機能を高める働きがあります。


銀杏は、イライラを和らげる働きがあります。


エネルギー補給の効能


銀杏には、炭水化物が豊富に含まれています。


炭水化物は、体に摂り入れられるとブドウ糖にかわり、エネルギーになります。


たんぱく質、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれているので、エネルギー補給にいい食べ物といってよいでしょう。


銀杏は、滋養強壮にいい食材と言われるのも、納得ですね。


貧血予防


銀杏は、鉄分や亜鉛、葉酸が含まれており、造血に働きます。
貧血で、体中に酸素が回らないと、不健康です。

イライラしたり、体がだるくなったりと大変です。

銀杏を食べることで貧血を予防しましょう。


血行促進


鉄分や亜鉛、葉酸の造血作用と加えて、ビタミンEが血流を良くして、血行促進に役立ちます。
銀杏に含まれるギンコライドも体を温める効能があるので、相乗効果で血行が促進されます。

冷えを解消


銀杏に含まれているギンコライドという成分は、体を温め、冷えの解消に役立つとされています。

銀杏が実る秋から、段々と気温が低くなってきますね。

冷え性の方は、銀杏を食べて体を温めるといいと思います。

冷えは、万病の元なので、非常に心強いですね。


喉の痛みを抑えて、咳を鎮める効能


中国の本草綱目に書かれている薬効では、喉の痛みを鎮めるとされています。

おそらく銀杏に含まれている強力なギンコライドが体の血行、血流を良くして、体を温めることで起こる効能と言われています。


尿もれ、頻尿を抑える効能


中国の本草綱目には、尿もれ、頻尿を抑えるとされています。

これも銀杏に含まれているギンコライドが、体を温めることで起こる効能とされています。


若返りの効能

銀杏には、βーカロテンやビタミンCなど抗酸化作用のある成分が含まれていています。

アンチエイジング・若返りの効能も期待できます。


生活習慣病の予防


銀杏には、βーカロテンが含まれています。

βーカロテンは、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の健康に役立ちます。

抗酸化作用がありますので、活性酸素を除去するので、生活習慣病の予防に効能があるとされています。

スポンサー広告


銀杏の栄養


銀杏には、12個もの体にいい効能があるなんて、びっくりですね。


さすが、2億年前から生存している植物です。


なぜ、こんなに体にいい効能があるのでしょうか?



それは、たくさんの銀杏には、たくさんの栄養が詰まっているからです。


銀杏に含まれる栄養をあげてみましょう。


・エネルギー
・水分
・タンパク質
・脂質
・βーカロテン
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ナイアシン
・ビタミンC
・炭水化物
・カルシウム
・リン
・鉄
・カリウム


以上のような栄養が、含まれています。


栄養の宝庫ですね。


おススメの方として、

・栄養補給をしたい方

・美肌に

・ストレス軽減したい方

・全身の健康に

・免疫力アップに、生活習慣病の予防に


これだけの効能ですから、いくらでも銀杏を食べたいと思ってしまいますが、気を付けたいことがあります。


それは、銀杏の副作用です。


では、銀杏の副作用を見ていきましょう。



銀杏の副作用


これだけ栄養のある銀杏ですが、食べ過ぎは注意です。


主に子供が、銀杏中毒になりやすいです。


銀杏中毒になると、大変ですので、しっかり銀杏の副作用に注意しましょう。


銀杏の副作用とは


銀杏は食べ過ぎると、銀杏中毒という症状を引き起こすことがあります。


嘔吐と痙攣を引き起こします。


他にも、不整脈や呼吸困難、めまいや発熱など厄介な症状があります。


副作用の正体は


銀杏に含まれる「メチルピりドキシン」という成分が、ビタミンB6の働きを妨害して起こります。


恐い症状の銀杏中毒とは、ビタミンB6の欠乏状態なんですね。

子供は、肝臓が未発達なため、「メチルピリドキシン」をうまく分解できないために起こりますと言われています。


銀杏中毒の70パーセントが10才以下の子供です。


銀杏中毒になったら


銀杏中毒になったら、ただちに医療機関に連れていきましょう。


そして、医師に銀杏を食べたことを伝えましょう。


銀杏を食べたことを伝えると医師の対応のスピードが違います。


何個までだったら大丈夫


昔からの言い伝えで、「歳の数以上食べてはいけない」と言われています。


これは、子どもが銀杏中毒になることが多かったから経験則で、言い伝えられてきたのでしょう。


しかし、大人でも一度に多量の数を食べない。


少しの量でも継続して食べないという注意が必要です。


子供の場合、特に幼児には与えない方がいいでしょう。

何個までだったら、大丈夫というものがないので、子どもの場合は、食べない方が無難かと思います。



大人になってからの楽しみにしましょう。


そして、大人になってからも少量程度にしましょう。



銀杏で他に気になることは


イチョウの葉の銀杏は栄養が豊富ですが、銀杏中毒という厄介なものがありますね。


出来たら、銀杏に含まれる「メチルピリドキシン」を肝臓で分解できるようになる大人になってから、しかも少量を楽しみましょう。



イチョウの実の銀杏で、気になることは、あの独特の臭いですね。


臭いの対処法も重要になってきます。


銀杏を拾う際、誤って踏んづけてしまった時、また調理する際も気になりますね。


そのあたりの対処法やなぜ、臭いがするのかについては、別記事で詳しく書いています。


よかったら、参照してください。

参照記事銀杏が臭いのはなぜ?原因と理由と対処法はコレ!


おわりに


イチョウの実の銀杏には、12個もの効能がありますね。


銀杏は、すこぶる健康の滋養強壮の食べ物です。



しかし、ひとつ厄介なことがあります。



それは、銀杏中毒です。


特に肝臓の分解機能が未発達な子供は、注意が必要です。



何個までだったら、大丈夫という目安がないので、子供は銀杏を控えておいた方が無難かもしれませんね。



しかし、すこぶる滋養強壮です。


大人の方で、疲れたときや美容に、丈夫な体を考えたいときは、少量を摂りましょう。


2億年前から生命を保ってきた銀杏を、味わって感謝して頂きましょう。


きっと丈夫な体になりますよ。

関連記事
銀杏が臭いのはなぜ?原因と理由と対処法はコレ!
スポンサー広告

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かぼちゃの効果と効能!体にいい栄養いっぱいで種は抜け毛にいいっー

かぼちゃの種は、抜け毛や薄毛対策にいいって知っていました? 「えっ、種って捨てるところでしょ」って思いがちですが、かぼちゃの種は、抜け毛や薄毛にいい効果が期待できるのです。 そして、体の至るところにい …

みかんの効能!肌に美容効果を出す食べ方はコレ

みかんって、食べ方にコツがあって、お肌にいい食べ方があるって知ってました? えっそんな食べ方あるのって、声が聞こえてきます。 ほとんどの方が知らないと思います。 だってそうでしょ。 みかんって、冬の間 …

便秘解消の食べ物で即効性のあるのはこの5品!

便秘って、お腹が張ってひどく苦しいですよね。 気持ち悪いわ。 食欲なくなるわ。 もう生き地獄。 便秘解消で即効性のある食べ物をあげてみました。 私が、サプリメントメーカーに勤務していた頃に、お客様から …

柿で便秘って本当!量は何個まで大丈夫?

柿を食べると便秘になるって噂を聞いたのですが、皆さんはご存知ですか? 私は、幼い頃から柿が大好きで、秋になると毎日1個から2個食べますが、便秘なんかなりません。 でも、私が主催するおしゃべりカフェで、 …

枝豆の栄養はすごい!美肌にいいイソフラボンもあるっ

夏は、ビールに枝豆。 もう最高!めっちゃ旨いですよね。 以前は、夏にしか味わえなかった枝豆も今では一年中楽しめますね。 冬は冬で暖房つけて、部屋暖かくして、ビールに枝豆。 これも最高ですね。 結局、一 …