知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

健康

スイカの成分のシトルリン!かなり嬉しい効果ありっー♪

投稿日:2018年4月7日 更新日:

スイカの成分にシトルリンというものがあります。


何しろスイカから発見された成分で、肌の潤いや冷え性の改善やむくみの改善・運動パフォーマンスの向上や筋力アップ・動脈硬化の防止や生活習慣病の予防など健康や美容に期待できる栄養素です。


最近スポーツジムでも、シトルニンはすごい栄養素と認知されてきているということを聞きましたが、一般的にはまだまだ知られていないのではないでしょうか。


今日は、シトルニンについて書きたいと思います。


何しろ夏限定の果物、スイカに多く含まれる成分です。


これを知ると今年の夏は、スイカを大食いしたくなりますよ。

スポンサー広告



シトルリンとは


シトルニンとは、1930年に日本の研究者から発見されたアミノ酸の一種です。


名前の由来は、スイカの学名Citrullus Ianatus(=Citrullus vulgaris)からシトルリンと名付けられました。



きゅうりなどのウリ科に多く含まれている成分ですが、ダントツにスイカに多く含まれています。



スイカは、熱が強く乾燥した苛酷な環境でも生存できるのは、スイカの成分であるシトルリンのお陰と言われています。



それだけ強力な効能を発揮する成分ですから、米国をはじめ海外では以前より、サプリメントとして血流改善・動脈硬化予防・美容と幅広い効能として使用されています。


最近では、シトルリン血管を強くしなやかにするとして、私たちの健康全般に注目されています。



シトルリンは、タンパク質を構成しない「遊離アミノ酸」の一種と言われており、血液をはじめ、体中の細胞の全てに存在しています。


ちなみにアミノ酸には、2種類あってたんぱく質を構成する「結合アミノ酸」とたんぱく質を構成しない「遊離アミノ酸」があります。





シトルリンの効果


シトルリンは体内に摂取されると、一酸化窒素を作り出したり、増やしたりします。


一酸化窒素が体内で増えると、血管が拡がり、血流が増えるとう効果が期待できます。


シトルリンを摂取すると、体中の細胞すべての血流が良くなるということです。

女性には、冷え性の改善・むくみの防止、ダイエットにいいとされています。


特に夏場のオフィスで、クーラーのきいた事務所でジムワークをする女性は、冷え性やむくみに苦しんでいる方が多いですね。


冷え性やむくみは、血流血行が悪い場合に起こります。


夏場の冷房での血流血行不純の場合、スイカを好んで摂ることにより、血流が改善されることが期待できるわけですね。


お昼のお弁当には、スイカをタッパに入れて持っていきたいですね♪


また女性には嬉しいお肌の潤いなどの美容効果も大いに期待できるのですよ。



血流が良くなることで、成長ホルモンの分泌が促進され、筋肉増強や運動パフォーマンスの向上・若返りが期待できるので、アスリートもスイカを摂取するといいでしょう。


血流血管がしっかりするため、動脈硬化の防止や生活習慣病の予防も期待できる優れた栄養素です。



スイカの成分のシトルリンにより、老若男女に嬉しい恩恵を受けますね。

スポンサー広告



毎日どれくらい摂取すればいい



これだけの美容・健康・若返りに期待できるシトルリン


一日どれくらい摂取すればいいのでしょうか。


1日の摂取量の目安は、約800mgと言われています。


スイカに換算すると、1/7切れで一日の摂取量です。


たったの一日スイカ1/7切れでいいのですから、十分夏場は摂取可能ですね。





実はスイカの皮にシトルリンが多く含まれている


ある専門機関が、スイカの部位ごとのシトルリンの含有量を調べたところ、果肉部分より皮の部分にシトルリンが多く含まれていました。


なんと2倍も皮の部分に、シトルリンが多い結果がでました。


こうなれば、何とかしてスイカの皮も有効利用したいものです。





スイカの皮は漬物にしよう


スイカの実を美味しく頂いた後、スイカの皮は漬物にして食べましょう。

スイカの皮で漬物は、簡単にできます。


また夕食の時、ご飯にお漬物で、これが美容に良く、お肌も潤うってなんか嬉しいですね。


ご飯とスイカのお漬物を食べるだけで、冷え性改善・むくみが改善されるなんて最高ですね。


子供でしたら、成長ホルモンの分泌が期待できるので、背が伸びやすくなるかも知れません。


中年以降でしたら、動脈硬化・生活習慣病の予防になると思うとパクパク食べたいですよね。



スイカの皮で漬物の作り方
材料 スイカの皮
塩 少々
マヨネーズ お好みで
醤油    お好みで

作り方 ①スイカの皮を適当な食べやすい大きさに切る。

②ビニール袋にスイカの皮を入れて、塩をまぶして全体になじませる。

③冷蔵庫に数時間入れて置く。

④お好みで醤油やマヨネーズをかけて食べると旨い♪

このように簡単にスイカの皮でお漬物ができます。

今年の夏は、夕飯にスイカのお漬物で、美容・健康・若返りに励んでみては。





おわりに


スイカの成分であるシトルリンは、驚くほどの効果が期待できるのですよ。


お肌の潤い、冷え性・むくみの改善、肩こりの改善と女性のお悩みに貢献してくれます。


また筋肉増強や運動能力の向上など、アスリートにも嬉しい効果が期待できます。


子供でしたら、成長ホルモンのアップで背が伸びやすくなるかも知れません。


中高年でしたら、動脈硬化の予防や生活習慣病の予防と嬉しい限りですね。


ぜひ、夏の季節はスイカで健康や美容に謳歌していきましょう。

関連記事
スイカの効能は腎臓に良い!種も皮も食べる方法はコレ
スイカの栄養は妊婦に抜群にいいんだ!えっ14個も効能が期待できるんだ
スポンサー広告

-健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルギニンの効果は筋トレに絶大!筋肉肥大にも脂肪燃焼にもバッチリ

アミノ酸のアルギニンは理想的な体作りには、恰好の栄養素ですね。 筋肉肥大にも脂肪燃焼にも効果があります。 30代も半ばを過ぎると、お腹回りがタプタプになってきますね。 お腹回りの脂肪を落とそうとしても …

銀杏の12個の効能と副作用!食べ過ぎると厄介なことも

秋になると、イチョウの並木道にイチョウの葉が茂りますね。 イチョウの黄色い葉を見ると、秋という季節を感じます。 イチョウは、地球の生命の中では、ものすごく古くからあり、なんと恐竜よりも古い約2憶年前も …

しもやけの治し方!患部を撃退する4つの方法、予防策とよく似た病気

寒い季節の嫌なしもやけ! ほっておくとなかなか治らない厄介なものです。 そんなしもやけを軽んじると大変なことになるのですよ。 手や足の患部がパンパンに腫れて、見てられない状態になってしまいます。 そう …

便秘に効く食べ物は、キウイ一日2個!嘘のようにスッキリします

便秘でツライ思いをされている方! 今まで便秘解消のため、いろんなことをしてもダメだった方! 大変でしたよね、お腹は張るわ。 気持ち悪いわ。 しまいにニキビや肌荒れまで起こすわ。 それらの症状に苦しんで …

牡蠣の食べ過ぎや食あたりに気を付けて!下痢になると大変

冬の味覚の牡蠣。 海のミルクと言われるだけに栄養も満点でだし、美味しいしこの時期牡蠣を楽しみにしている方も多いでしょうね。 ポン酢をかけて、お酒のあてになんて最高ですね。 ついつい何個も食べてしまいそ …