知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

健康

枝豆の栄養はすごい!美肌にいいイソフラボンもあるっ

投稿日:2018年3月31日 更新日:

夏は、ビールに枝豆


もう最高!めっちゃ旨いですよね。


以前は、夏にしか味わえなかった枝豆も今では一年中楽しめますね。



冬は冬で暖房つけて、部屋暖かくして、ビールに枝豆。


これも最高ですね。


結局、一年中ビールと枝豆をこよなく愛している私ですが、改めて枝豆の栄養について見直してみました。

枝豆の栄養ってすごいんです


ますます枝豆が好きになり、今日は、枝豆の栄養についてまとめました。



そして、私に結果が出た枝豆のイソフラボンの効能についての体験談も書きますね。


嬉しい効能が出ましたよ。



それでは、気楽に読んでいって下さいね。

スポンサー広告



枝豆の栄養がすごい訳



枝豆って栄養がすごいんですよ。


ただ何となく仕事が終わったら、まずはビールと枝豆という生活をもうかれこれ30年以上過ごしてますが、豆類と緑黄色野菜の栄養のおいしいところどりをしているのが、枝豆なんです。


そもそも枝豆っていうのは、大豆になる前に収穫されたものなんです。

だから大豆に比べて、みずみずしくて美味しいのですね。


また豆になりきっていないなので、食物繊維やビタミンC、緑黄色野菜の栄養もいっぱいなのです。



それに枝豆は、大豆に比べてカロリーが低いというのも嬉しいところ。

カリウムも多く含んでいるので、利尿を促すので余分な水分や塩分を体外に排出してくれるので、ビールのおつまみにぴったりです。


必須アミノ酸のメチオニンがアルコールの分解も促してくれるのも、お酒好きには嬉しいところ。



ビールのおつまみに最高という話はここまでにして、枝豆の栄養を具体的に見ていきましょう。





枝豆の栄養について


枝豆は大豆と緑黄色野菜の良いところどりをしたヘルシーフードです。


枝豆の栄養項目をあげてみました。


大豆イソフラボン

注目したい栄養素です。

主に8つの効能が期待できます。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをしてくれますので、閉経後の女性のホルモンバランスの乱れにいい効果を出してくれます。


また体内に発生する活性酸素という病気の元を除去する「抗酸化作用」があるので、健康にも大きく貢献してくれます。



更年期障害の症状の緩和

女性は更年期になると女性ホルモンの分泌が減少し、ホルモンバランスの乱れにより、精神的にも肉体的にもバランスが崩れがちになります。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンの損失を補ってくれますので、更年期の症状であるのぼせやほてりを改善しくれる効果があります。


美肌効果

エストロゲンは、別名「美のホルモン」と言われ、美肌効果を発揮します。

エストロゲンとおなじような働きをするイソフラボンを摂ることにより、肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、潤いのある肌を手に入れることができます。


育毛効果

加齢による抜け毛や薄毛は、女性ホルモンの分泌不足も要因の一つと考えられています。

イソフラボンを摂ることにより、抜け毛や薄毛の予防になるとも言われています。



骨粗鬆症の予防

骨の中身がスカスカになる症状を骨粗鬆症と言います。

女性ホルモンの分泌が減少すると、骨の中のカルシウムが溶け出してしまいます。

閉経後の女性に骨粗鬆症が多いのも、女性ホルモンのエストロゲンの減少によるものです。

大豆イソフラボンを日頃から摂取することで、骨粗鬆症の予防に役立ちます。

ガン予防

大豆製品をよく摂る日本の方が、欧米よりもガンの発生率が少ないことが注目されています。

乳ガン・子宮ガン・卵巣ガンの発生率も、欧米に比べて大豆製品をよく摂る日本の方が少ないという調査結果があり、大豆イソフラボンは、ガンの予防効果があると言われています。


抗酸化作用

大豆イソフラボンは、強力な抗酸化作用があり活性酸素を中和し、過酸化脂質の発生を抑制してくれます。

活性酸素はあらゆる病気の元になるので、病気予防になります。

生活習慣病の予防

大豆イソフラボンは、抗酸化作用によって過酸化脂質の発生を抑制したり、悪玉コレステロールの酸化抑制をしてくれるので、動脈硬化を予防してくれます。


血流改善効果

血管は体の隅々まで張り巡らされています。

そのため血行が悪いと、冷え性や肩こり、頭痛など引き起こしてしまいます。

大豆イソフラボンにより、血流改善がなされた研究結果もあります。




食物繊維
枝豆には、大豆にない食物繊維を含んでいます。

枝豆は、大豆になる前に収穫されますので、豆類と緑黄色野菜の両方の栄養のよいところを含んでいるのですね。

食物繊維を摂ることによって、腸のぜんどう運動が活発になり、便秘の解消になります。

食物繊維の働きにより、老廃物の排出や腸内の善玉菌が増えることにより、腸内環境が整います。

また腸内環境が整うことにより、美肌も期待できます。


ビタミンB1
消化液の分泌を促します。


ビタミンC
疲労回復・酸化防止・免疫機能強化や血流悪化の防止に役立ってくれます。


メチオニン
血液中のコレステロール値を下げてくれます。

アルコールの分解に役立ってくれます。


オルニチン
肝臓の働きを良くしてくれます。

成長ホルモンの分泌に役立ちます。


カリウム
むくみ解消。ナトリウムの排泄。高血圧の予防に役立ちます。


鉄分
貧血の予防、冷えやむくみに良い。イライラを鎮める効果もあります。


葉酸
心臓病、貧血、心臓病の予防に役立ちます。



枝豆は、たくさんの栄養がるヘルシーフードなのです。
スポンサー広告



食べ過ぎには注意


体にいいからといって、食べ過ぎはよくありません。


枝豆を食べすぎると起こりうるリスクについては、4つ考えられます。


・塩分の摂りすぎ

枝豆を茹でるときに塩をいっぱいかけて、食べるのが好きという方もいると思います。


塩分の摂りすぎは、むくみや血圧の上昇に繋がります。


さらにひどくなると、腎臓疾患や不整脈、心疾患に繋がりかねません。


ほどほどの味付けにしましょう。



・痛風の原因になるかも?

痛風というのは、あの痛ーいもの。


なった人なら、二度となりたくない痛みですね。


痛風の原因はおなじみのプリン体ですが、枝豆にはそう痛風になるほどの分量は含まれていません。


では、なぜ気をつけないといけないのか?


それは、枝豆と一緒に摂るビールです。


ビールには結構な量のプリン体が含まれているので、ビールと枝豆が美味しいからといって、ぐいぐい飲んでしまうと尿酸値があがってしまうことも考えられます。


アルコールの分量を考えながら、枝豆をつまみにしましょう。



・お腹を下しやすくなる

枝豆に含まれている食物繊維ですが、これも摂りすぎはよくありません。


食物繊維自体は、腸内環境にもよく便秘解消にも役立つのですが、何事も摂りすぎはよくありません。


摂りすぎるとお腹を下しやすくなります。


ほどほどの適量にしておきましょう。



・食べ過ぎてカロリーオーバー

枝豆のカロリーは、100gあたり135kcalとそう高くはないのですが、枝豆の危険なところはついついパクパクと食べてしまうことです。


そしてビールもぐいぐい飲んでしまうところです。

知らないうちに食べすぎ、飲みすぎでカロリーオーバーになってしまうことも。


気をつけましょう。





枝豆のイソフラボンの私の体験談


いやー忘れもしません。


私が営業マンとして活躍していた20歳代半ばから30歳半ばまで、いつも仕事が終われば、夕食は神戸三宮の高架下の飲み屋さんで済ましてました。


メニューはいつも一緒で飽きもせずに、生ビール2杯と枝豆大盛一皿、冷ややっこ一皿でした。


なにしろ仕事終わりの一杯が好きで、おのずからつまみの枝豆というチョイスでした。


しかしその頃の私は、テカテカの美肌で体型も少しマッチョというものでした。


いつも得意先の女性客から、お肌ツルツルで羨ましいと言われてました。


男性なのにエステに通っているの?って聞かれるぐらいでした。



今思えば、枝豆大盛一皿と冷ややっこという大豆イソフラボンのお陰でしたね。

なんと言っても毎日毎日、大豆イソフラボンを摂っていたのですから。



大豆たんぱくも十分とれるので、スタイルもややがっちりで非常に健康的な体型でした。


男性でこれほどの効果が出るのですから、女性だったら美肌効果においては、かなり期待できると思います。




大豆イソフラボンを摂るにしても、納豆だったら好き嫌いがあるし。

豆乳で摂るにしても、毎日だったらどうしても飽きてしまうし。




その点お酒好きでしたら、ビールに枝豆

これは飽きませんよね。




でも、ビールの飲みすぎ、枝豆の食べ過ぎには気を付けて。

今思えば、結婚するまで10年間も毎日その夕飯で飽きずにもったなと思います。





実際に枝豆を茹でてみましょう


枝豆は夏の食材ですが、今では冷凍もあるのでいつも食べることができます。


美味しい枝豆の茹で方のいい動画を用意したので、ぜひご覧になって下さい。


栄養いっぱいの枝豆を家庭でも楽しみましょう。







材料
枝豆  250g
塩   40g
水   1ℓ


手順
①枝豆をきれいに水で洗います。

②枝豆の両端のヘタをはさみで切り取ります。

③枝豆をボウルに入れ、塩10gを使ってもむ。

④水1ℓを沸かし、残りの塩30gを入れる

⑤枝豆を入れ、3分30秒~5分茹でる。

⑥ザルにあける。

⑦器に広げ、うちわで手早く冷やす。

氷水につけると、塩が抜けてしまい、水っぽくなるので避ける。


⑧指でさやから豆を押しだして食べる。

さやは食べられません。

のどに詰まるかも知れないので、口の中で押し出さないようにする。

これで出来上がり♪

おわりに


枝豆は、大豆の収穫前なので、豆類と緑黄色野菜のよいところの栄養を兼ね揃えている優れものです。


なかでも、イソフラボンが美味しく摂れるのがいいところですね。


大豆イソフラボンは、女性には嬉しい効能がいっぱいなので、ぜひ摂っておきたいところ。


その他にも、数多くの栄養があります。


ビールのおつまみにも、おかずにも、枝豆を摂り入れてヘルシーにいきましょう。
スポンサー広告

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アミノ酸サプリの副作用は?基本的に大丈夫ですが注意するところも

アミノ酸は体にいいので、アミノ酸を取る人は増えてきましたね。 でも、これって副作用はないのでしょうか? 気になりますよね。 心配になりませんか? 今日は、アミノ酸サプリを過剰に飲んでしまった場合に注意 …

便秘解消の食べ物で即効性のあるのはこの5品!

便秘って、お腹が張ってひどく苦しいですよね。 気持ち悪いわ。 食欲なくなるわ。 もう生き地獄。 便秘解消で即効性のある食べ物をあげてみました。 私が、サプリメントメーカーに勤務していた頃に、お客様から …

軽いぎっくり腰になったら3つの治し方と1つの秘策!

あっ 腰がギクッときたら要注意です。 本当に嫌ですね。 ぎっくり腰だけは。 これは、経験した人しかわからない痛みですね。 ひどくなると息をするだけでも苦しくなるので本当に要注意です。 二度と経験したく …

ザクロの効能!更年期によかった体験談

私が高校生のころ、私の母はいつもイライラしていた。 いつも何かにつけて、ヒステリーを起こしていた。 そんな母を見て、嫌悪感を感じていた。 それから、しばらくして女性には、更年期という障害があると知った …

ごぼう茶の効能!アトピー4人の体験談はコレ

ごぼう茶って体にいい成分いっぱいですよね。 もしかしたら、ごぼう茶の効能で年悩んでるアトピーも治るかも? って期待している人も多いのではないかしら。 それにしても、アトピーの不快さったら、これはなった …