知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

雑学・教養

たけのこのあく抜きは、圧力鍋でさっさと時間短縮!

投稿日:2018年1月5日 更新日:

暖かい春になると、たけのこの季節ですね。

山の麓や雑木林に行くと、ニョキニョキとたけのこが生えてきますね。


新鮮で美味しそーっ!


採って持って帰りたいが、あく抜きがたいへーんって悩んでるあなた!

あく抜きがたいへーんだから、ついつい水煮を買ってしまうあなた!


圧力鍋を使えば、たけのこのあく抜きなんて、簡単ですよー♪

水煮と比べると、味も格段に違いますよー。

では、圧力鍋でさっさとあく抜きしてしまいましょう。

スポンサー広告



圧力鍋であく抜きをする注意点


新鮮なたけのこを手に入れたら、さっそく圧力鍋であく抜きをしましょう。


ここで気を付けて!


圧力鍋であく抜きするときは、鍋で下処理するときと入れるものがちょっと違います。


通常、鍋であく抜きするときは、米ぬかをあく抜きに使います。


いつも米ぬかであく抜きしているから、圧力鍋でもいいかってノリですると・・・・。


圧力鍋で米ぬかを使うと、蒸気が出る部分に米ぬかが詰まってしまって大変なことになるかも。

そうなると大変なので、念のため圧力鍋でたけのこのあく抜きをする時は、米ぬかはやめておきましょう。

【おススメのモノ】
米のとぎ汁   お米 一掴み

お米を研ぐときに余った米のとぎ汁を使うといいでしょう。

どっちみち捨てるものなので、もったいないので使いましょう。


また米のとぎ汁が、あまり出ないときは、ちょっともったいないけど、
お米を一掴み使いましょう。

【ここでちょっといい話♪】

米のぬかでたけのこのあく抜きをするよりも、米のとぎ汁やお米でする方が、たけのこが美味しく出来上がります。

これは、米のとぎ汁やお米に含まれるデンプンが、たけのこの外側をコーティングしてくれるので、たけのこの内部に旨味成分を閉じ込めてくれるのです。

たけのこの旨味成分が、水に流れてしまわないようにしてくれるのです。
スポンサー広告



圧力鍋であく抜きの仕方


米のとぎ汁、お米一掴みが用意出来たら、たけのこを調理していきましょう。

【手順】
①たけのこの穂先10cmぐらいを斜めに切り落とします。

②火が通りやすいように、縦に切れ目を入れます。

③皮を剥き、縦半分に切ります。

④圧力鍋にたけのこを入れ、米のとぎ汁か水をたけのこが浸るほど入れます。

水の場合、お米を一掴み入れます。

⑤強火で加熱して、あくを取ったら蓋をします。

⑥圧力がかかったら、弱火で15分加熱し、火を止めます。

⑦そのまま1時間ほど放置して、自然に冷まします。

⑧竹串がスッと入るようならOK。

⑨一晩おいて、冷めたら薄皮を取って出来上がりです。

⑩タッパーに入れてたっぷりの水に浸して冷蔵庫で保存します。

1週間ほど保存できます。
【注意点】
たけのこと水の分量を合わせて、圧力鍋の2/3ほどの高さにしておくことが大事。

入れすぎると蒸気口が詰まってしまう危険性もあるのでご注意を!




圧力鍋を使うメリット


意外と知られていない圧力鍋でするたけのこのあく抜き。

やってみると、本当に便利ですよ。


鍋であく抜きすると1時間~2時間ほどかかります。

圧力鍋だと下ごしらえも全部含めて、20分~30分でできます。


それと鍋だと、どうしても吹きこぼれがおこりますが、圧力鍋だとその心配もありません。

また米ぬかが鍋にこびりつくこともないので、圧力鍋の方が後片付けも楽チンです♪


これなら圧力鍋を使わない手はありませんね。





まとめ


たけのこのあく抜きは、米ぬかを使って鍋で行う方法が主流ですね。

でも、これだと1時間~2時間もかかってしまうので、たけのこの下処理を行うのは、どうしても億劫になりそう。


ただでさえ忙しい台所仕事なのに、こんなに時間がかかっては!


こうなるとどうしても、水煮で済まそうかなってなってしまいますね。


せっかく春になれば、山の麓や雑木林に新鮮なタケノコがニョキニョキと生えてくるのにもったいないですね。

またスパーでも、美味しそうなタケノコが店頭に並びますね。


圧力鍋であく抜きをすれば、30分もかからないので、圧力鍋で下処理をすることをおススメです。

春は、季節の食材のタケノコを圧力鍋でこしらえて、召し上がりましょう。

関連記事
たけのこのあく抜きを米のとぎ汁でする方法!ぬかなしでも大丈夫
たけのこのあく抜きをぬかなしでする6つの方法はコレだっ!
たけのこのあく抜きを重曹でするっ!
スポンサー広告

-雑学・教養

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

てるてる坊主の作り方!エッ雨が降るって本当?

子供の頃に、てるてる坊主の歌を歌いながら、てるてる坊主を作った思い出は御座いませんか? てるてる坊主の歌は、「てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ♪」でしたね。 そのてるてる坊主ですが、作り方し …

さんまのはらわたは取らない!簡単全部焼いて食べて旨いっ

食欲の秋。 秋と言えば、さんまの塩焼き、丸焼きが美味しいですね。 これぞっ 旨いって。 至極の幸せを感じます。 ところで、さんまのはらわた(内臓)食べる派、食べない派でわかれますね。 私は、さんまのは …

てるてる坊主の作り方!折り紙で作る3つの動画を紹介

長ーい梅雨の時や楽しみな運動会の日、旅行や遠足の日。 絶対に雨降らないで! 晴れて! そう思ったときは、てるてる坊主を作ってみませんか。 簡単にできますし、折り紙で作ると色のついたてるてる坊主も楽しい …

国産松茸の相場はどれくらい?値段が高い理由はコレ

秋の高級食材と言えば、なんと言っても松茸です。 松茸の香りといい、味といい格別です。 食べたときの口の中で広がる風味は、なんともいえない美味しさがありますね。 焼き松茸のあの香りや贅沢にすき焼きに入れ …

道明寺の桜餅の違いは?長命寺と比べて徹底比較!

桜餅には、道明寺と長命寺がありますね。 どちらもお寺の名前がついていますが、これは何のでしょうか? お寺の流派の違いかな? なんで桜餅にお寺が関係あるのかな? いろいろ思い浮かぶ疑問なことがありますね …