知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

年中行事

お雑煮のおすましの地域は、関東だけではなかった!!

投稿日:2017年10月8日 更新日:

お正月恒例の食べ物と言えば、お雑煮

私が住んでいる関西では、元旦に白味噌仕立てのお雑煮

二日目は、おすましのお雑煮でした。

お正月の三が日に白味噌とおすましの両方のお雑煮を頂けるのは、お雑煮好きの私には嬉しいかぎりです。


関西の人間にとって、お雑煮でおすましをする地域は関東だけかと思っていました。

あっさりした味わいのおすましは、関東に受ける味と思っていたのですが、調べてみると関東以外でもお雑煮でおすましを食べる地域が結構ありました。


この地域は、絶対白味噌だろうなと思うところが、おすましだったというところも多かったです。


今日は、お雑煮でおすましの地域について、まとめてみました。


どの地域でどんなおすましを食べられているのでしょうか。
スポンサー広告

関東のおすまし


関東でのお雑煮には、鰹節等で出汁をとり、醤油・塩で淡く味付けをしたおすましが一般的です。

とてもシンプルで簡単に作れ、具材は、とり胸、小松菜、かまぼこ、大根を使います。


お餅は、四角い切り餅(角餅)が使われます。

ちなみに西日本は、丸餅が使われます。

関ケ原の合戦の地を境に東は切り餅、西は丸餅になっています。

理由は、
戸時代から庶民まで雑煮を食べるようになったのですが、武家社会の文化が強い江戸では、「敵をのす」というゲンを担ぎ、「のしもち」を切った四角い餅が使われた経緯があります。

全国のお雑煮事情


神戸山手大学教授の奥村彪生先生が、作られた日本列島雑煮文化圏図という日本のお雑煮の文化が一目瞭然でわかる図があります。





この図を見ると、白味噌文化圏は関西と四国の半分で、後は小豆汁文化圏の島根、鳥取の北部と赤味噌文化圏の福井県<を除くとすべてすまし文化圏ですね。

ほとんどの都道府県でおすましが使われ、餅は関ケ原の合戦の地から東は角餅、西は丸餅になってますね。

イメージ的には、ラーメンでもこってり仕立ての豚骨が人気のある九州では、お雑煮にも白味噌かなと思っていたのですが、意外でした。


北海道と沖縄のお雑煮事情


日本列島雑煮文化圏図では、北海道と沖縄がありませんね。


北海道のお雑煮は、醤油味のすまし仕立てで、餅は角餅を使います。

具材は、鮭やいくらを使うことが多いそうです。

北海道ならではの具ですね。


沖縄では残念ながら、雑煮文化はないのですが、豚のモツ、内臓を煮た「中身汁」でお正月を祝っているそうです。

鰹節と豚と乾燥シイタケの出汁で、豚の内臓で栄養たっぷり。

食べた人の感想を聞くと、結構美味しいそうですよ。
スポンサー広告


九州のおすまし事情


九州には、特色のある雑煮の郷土料理があります。


・福岡の郷土料理に「博多雑煮」があります。

特徴としては、焼きあなごでとった出汁にブリを入れます。

具材は、かつお菜、かまぼこ、さといも、にんじん、大根、椎茸と具だくさんです。

かつお菜は、博多に古くから伝わる野菜です。

なぜ博多雑煮にブリが使われるかと言うと、「嫁さんぶりがいい」と年末に大きなブリを嫁の里にもっていく風習があり、お正月の縁起にもちなんでブリが入れられるようになったそうです。


・長崎県の郷土料理に「具雑煮」があります。

1637年の島原の乱の際、海や山からさまざまな具材を煮込んで作ったのが始まりと言われています。

鶏肉や魚、季節の野菜など10種類以上を入れる超具沢山の雑煮です。

具材は、鶏肉、大根、にんじん、里芋、れんこん、椎茸、ごぼう、高野豆腐、焼きアナゴ、白菜、かまぼこ、ゆずの皮、水菜といっぱいの具材を入れるのが一般的です。


・熊本の郷土料理に「するめ雑煮」があります。

雑煮に「するめ」を入れることで、すごく美味しい出汁がでます。

具材は、するめ(胴体)、里芋、ちくわ、ほうれん草、ごぼう、にんじんです。



・一部の熊本県では、お雑煮に納豆を入れる「納豆雑煮」があります。

食べ方もいろいろで、お雑煮と別皿に納豆で食べたり、お雑煮のお餅の上に納豆を乗せて食べる食べ方もあるそうです。

昔、熊本県を統治していた加藤清正が、戦の際、馬の背にあった大豆がそのまま発酵して納豆になり、それを食べると美味しかったことから、部下にもすすめ広まったと言われています。





さいごに

お正月に食べるお雑煮ですが、圧倒的におすましの地域が多かったですね。

具材も各都道府県によって、違うのもお雑煮の特色ですね。


シンプルな具材の関東風から具だくさんの九州まで。

個人的には、あっさりした関東風が好きですが、皆さんはいかがでしょうか?

お正月にいろいろな都道府県の雑煮を作って食べてみてもいいですね。

関連記事
お雑煮の由来と歴史はコレ!
スポンサー広告

-年中行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アメリカの母の日はこうして習慣になった!知らなった偉大なる母

母の日は、日頃の母の苦労を心から労わり感謝を示す日。 いつも母の日が近づくと今年は何をプレゼントしようかな と悩む人も多いかと。 日本では、カーネーションを贈るのが定番中の定番ですが、なぜカーネーショ …

クラス替えのおまじないで強力なもの12個をご紹介っ!

クラス替えは、学生にとって大きなイベント! 好きな異性と一緒のクラスにいたい!って、 みんな口に出さなくても、心で同じこと思っているはず。 ドキドキやワクワクやビックリのクラス替えに強力なおまじないで …

お盆の由来を簡単に説明するならコレ!合わせて正しい説も覚えておこう

お盆と言うと、お盆休み、お盆の帰省ラッシュ、お盆のお墓参りですね。 お盆と言えば仕事片付けて、さっとさっと休暇。 そして両方の実家の墓参り。 その間のお盆の帰省ラッシュと、子供にお盆って何?と聞かれる …

確定申告で還付金を受け取るための必要な持ち物はコレ!

今年も確定申告の時期が来ました。 ふるさと納税や医療控除などで確定申告すれば、還付金を受け取れる方も多いですね。 でも初めての方でしたら、何を用意したらいいのか? と悩むものです。 役所手続きって、な …

稲刈りの体験に行くときの服装はかなり重要!半袖半ズボンは絶対ダメ

普段都会の生活をしていると、稲刈り体験なんかは、ものすごく行く前からワクワクしますね。 自然のいい空気の中での稲刈りは、本当にいい経験になると思います。 私も毎年稲刈りの体験行っている時期がありました …