知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

年中行事

お雑煮の由来と歴史はコレ!

投稿日:2017年10月7日 更新日:

お正月の食べ物と言うと、なんと言ってもお雑煮

お雑煮には目がない、お餅には目がないという人も多いのではないでしょうか。

お正月には、ほとんどの人がお雑煮を食べますよね。


でもなんか不思議ですよね。

あれだけ美味しいのに、お正月しかお雑煮を食べませんよね。

別に年がら年中汁物として食べてもいいのに。

なんでお正月しか食べないのでしょうかね。


今日は、お雑煮の由来と歴史について書いてみました。

もうすぐお正月!

その前にちょっとお雑煮についてウンチクを深めておきましょう。
スポンサー広告

お雑煮の由来


日本には、初日の出と共に現れる歳神様をお祀りする習慣がありました。

年末になると床の間に、鏡餅を飾る習慣がありますね。

その鏡餅は、高い山から家にやってきた歳神様が、再び山に帰るまでの間、我が家にいる場所とされていたのです。

お雑煮の由来は、
歳神様が山に帰られた後、お供えしていた鏡餅やお供え物を歳神様からのお下がりとして頂くものが、お雑煮だったのです。

歳神様からのお下がりとして頂く食べ物ですから、特別な日や祝いの日の「ハレの日」に食べるものだったのです。


その年の最初に井戸や川からくみ取った水(若水)とその年最初に焚いた火で、お供え物のお餅と里芋や人参と一緒に煮込み、元旦に食べたのが由来とされてます。



だからお正月しか食べないのですね!!



では、お雑煮っていう名前は、どんな由来から来ているのでしょうか?


お雑煮の名前の由来は、
お正月に鏡餅と一緒にお供えした山や海の幸と一緒に煮雑ぜ(にまぜ)して食べることからお雑煮と呼ばれるようになりました。


今年一年、歳神様のご加護の元に健康で利益に恵まれるようにという縁起担ぎだったのですよ。

道理であんなに美味しいお雑煮をお正月しか食べないのか?という疑問がスッキリしましたね。


祝箸で食べる由来


お正月三が日に食べるお雑煮は、先が細くなっている祝箸で食べる家庭も多いと思います。

これも日本古来からの風習が由来となっています。

祝箸は、片方が人間が使って、もう一方を神様が使うという「神人共食」を表しています。


縁起物を頂く際は、神様に畏敬の念を忘れずに感謝を表します。

それは、信心深くて良き日本の文化ですね。




お雑煮の歴史


お雑煮の歴史は、大変古く平安時代から宮廷の儀式で召されていたようです。


室町時代に入り、武士の宴で最初に出される酒の肴に雑煮が振舞われるようになりました。

縁起のいい物を最初に食べる習慣だったのです。

しかし、当時お餅は高価な贅沢な食べ物で、庶民は里芋が入った雑煮を代用して食べていました。

まだまだ上流階級の召し物でした。



江戸時代に入ってから、お餅の入った雑煮が庶民の間にも広がり、現在のようにお正月の三が日に食べられるようになりました。

やっと江戸時代になってから、みんなが食べれるようになったのですね。
スポンサー広告




お雑煮の由来と歴史のまとめ


・お雑煮は歳神様にお供えしたお餅や野菜を煮雑ぜして食べる食べ物です。
歳神様のご加護とご利益を頂戴する食べ物と思われていたのですね。

日本は古来から「八百万の神(やおよろずのかみ)の信仰」といって、山から降りて来られる歳神様に畏怖の念を表していたのですね。
・平安時代からお雑煮は食べられている。
平安時代の宮中での行事でお雑煮は、振舞われていました。
・室町時代は、武士の宴会で縁起の良い食べ物として、宴の最初の料理に振舞われていました。
室町時代では、まだまだ上流階級の食べ物でした。
お餅は高価なものでしたので、庶民は里芋を入れて食べていました。
・江戸時代から庶民でもお餅の入ったお雑煮を食べるようになりました。
江戸時代になって、やっと庶民にも広がり、全国的な縁起物の食べ物になりました。

関西風と関東風の歴史的背景


お雑煮は、関西風関東風にわかれますね。

味付けも違いますが、まずお餅の形が違いますね。

それは、歴史的背景の違いがあります。

武家の影響が強かった関東は、「敵をのす」というゲンを担ぎ、「のしもち」を切った四角い餅が使われています。

また江戸では、江戸時代から急速に人口が増えたことから、お餅の製造しやすい四角い形の餅が広まったそうです。


関西では、お餅をついて、ひとつひとつ手でこねる丸い餅が使われています。


関ケ原の合戦の地から東と西で雑煮で使われる餅の形が違うので、この時代に関西風と関東風に分かれたのですね。



関東のお雑煮は、
カツオと昆布から出しをとった醤油仕立ての澄まし汁で、具材は鶏肉、大根、小松菜、人参、かまぼこなどのあっさりした味わいです。

関西のお雑煮は、
白味噌の汁で、具材は里芋、大根、人参を使い、味噌仕立ての味わいです。

また関東でも関西でも、各都道府県によって、汁の仕立てや具材が違ってくるのもお雑煮の地域の特徴です。

地域によってさまざまな特徴があるのですね。



最後に

お雑煮は、縁起物の食べ物なんですね。

お雑煮は、歳神様のお下がりのお餅と具をその年初めての井戸や川から取った若水で煮雑ぜしてつくるのが、由来となっていました。


祝箸を使うのも「神人共食」という神と一緒に召すという日本人の持つ畏敬の念を感じます。


関東と関西でお雑煮のお餅の形が違うのは、武家文化の影響があるのですね。


お正月にお雑煮を食べるという文化は、日本中同じでも味付けが違うというのは、地域性が現れる食べ物ですね。

お雑煮の由来と歴史を知って食べる雑煮の味は、格別なものになるでしょうね。

関連記事
お雑煮のおすましの地域は、関東だけだはなかった!!
スポンサー広告

-年中行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寒い寒い大寒の日の食べ物で縁起ものとは?昔の環境は厳しかった!

寒い寒い大寒の日。 字の如く、大きな寒いと書くように、一年の内で寒さ最もが厳しい日です。 毎年お正月を迎えた後の1月20日頃です。 このもっとも寒い大寒の日に食べると縁起のいい食べ物があります。 体が …

秋の七草の覚え方!3種類の語呂合わせで楽勝

秋の七草は、奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集において選定した七種類の草です。 古くから日本人に親しまれてきました。 秋の七草は鑑賞するもので、目で見て秋の季節感を楽しむものです。 …

稲刈りの体験の感想!毎年これを読むのが楽しみだー

農業をしていて楽しみなのは、毎年、田植えと稲刈りで地元の小学生や都会の大人の人に体験してもらうことだな。 子供の頃は、農家の子供って言われるのなんか好きじゃないな。 学校で百姓の子って言われるの、なん …

メーデーってどういう意味?日本が休みの日ではない理由はコレかも

5月が近づくと新聞やニュースで何かと話題になるメーデー。 なんでも労働者の祭典みたいよ。 世界ではメーデーは休みの国が多いんだ。 なんでも日本でもデモや集会があったみたいよ。 5月になるとメーデーって …

大寒たまごの由来って何?金運はアップするって本当!

お正月が過ぎてしばらく経つと、寒さが一層厳しくなってきますね。 この時期になると、テレビ番組やニュースでは、寒中水泳や寒中禊なとが話題になりますね。 この大寒と呼ばれる寒さが、厳しいときに何故か大寒た …