知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

年中行事

鯉のぼりの由来と吹き流し!昔は子のお守りであり魔除けであった

投稿日:2017年1月29日 更新日:

やねより たかい こいのぼり♪
おおきい まごいは おとうさん♪

この歌を聴くとなんだか微笑ましくなりますね。

子供のころ、親に歌ってもらった記憶のある方も多いと思います。

5月になると鯉のぼりが空を泳いでいる家庭には、子供がいるんだな。

お父さん、お母さんは、子供に鯉のぼりを何て教えたのかな、と気になりますね。

子供が成人した後にいい思い出になってもらえるように、お父さん、お母さんも一緒に鯉のぼりについて勉強していただければ、幸いです。

では、鯉のぼりの勉強を一緒にして参りましょう。
スポンサー広告

鯉のぼりの由来


時代は江戸時代、今とは違って身分によって人の位が決まっていました。

一番偉い人は、お侍さん いわゆる武士。

 
江戸時代は、いまとは違って子供は男の子が生まれると大喜びでした。

江戸時代のお侍さんの家では、男の子が生まれると玄関に馬印や幟(のぼり)を立てて飾りました。


これは、いまとは違って生まれても小さなうちに死んでしまう子供が多いことから、「この子を守ってください。」 という切実なるお願いと「男の子が生まれました。有難う御座います。」の感謝の気持ちを伝える風習でした。

当時は、武家社会だけの風習だったのですね。


江戸時代、武士の家庭で将来武士になる男の子が生まれるということは、本当に喜ばしいことなのですね。

今とは違って身分制度に縛られているので、武士が最高の時代、男の子が重宝されていたのですね。

しかししかし、これに不満を持っていたのは、商いをしている商人たちです。

身分制度、絶対の時代、身分は一番低いけどお金を持っている商人たちも、「なんで武士だけ子供を祝えるのか」とこれ見よがりにいろいろ考えました。


それがたどり着いたのが、中国の故事の竜になった鯉のお話です。


昔々の中国の黄河では、非常に流れが急な竜門と言われる滝がありました。

その滝を登り切った魚だけが竜になれると言い伝えられていました。

しかし、どの魚も滝を登り切れず、唯一、鯉だけが登り切り竜になったという故事のお話です。

厳しい滝を無事登り切った鯉のように、強くたくましく育ってほしい!立派に元気に育ってほしいという親の願いが込められています。

どの時代でも、また当時の身分制度のある時代でも、親の子供に対する愛情は同じです。

江戸時代、商人が中国の故事から発展させた子供への願いがいまの鯉のぼりの始まりですね。
スポンサー広告

吹き流しについて

鯉のぼりの上の5色のものが吹き流しです。

これには何の意味があるのだろう って思っていた方いませんか?


これは、まごい、ひごいを守る魔除けです。

実は、当時幼くして亡くなってしまう子供が本当に多くいたのです。

親としては考えたくないことですが。


子供の無事を祈って、「子供を脅かす悪いものから守って下さい。」という魔除けの意味が込められています。


元々は、戦国時代から戦が終わった後に、「もう災いが来ないように」と魔除けとして幟に立てられていたのです。


では、なぜ五色でしょうか?

青(緑)



黒(紫)

の五つの色が使われています。

これは古代中国の「五行説」に基づいています。


では、五行説とは何でしょうか?


五行説とは、すべてのものは、木・火・土・金・水という5つの元素から創られていて、五つの元素が助け合ったり、打ち消しあったりしながら、万物が生成している という思想です。

吹き流しの五色にも

赤⇒火
青⇒木
黄⇒地
白⇒金
黒⇒水

の意味があります。


吹き流しは、この五行説の五色をとって、子供に魔がやってきてもこの「万物を成す5つの元素を意味する5つの色が守ってくれる」と信じられていたのですね。


もうひとつ、生まれた子供に神様に早く気付いてほしい ことから目立つ五色の吹き流しが使われました。

当時、7才までに本当に多くの子がなくなってしまう時代ですから、早く空高くにいらっしゃる神様に我が子に気付いて守ってほしい、そして健やかに育ってほしいとのことから使われていたのですね。


まとめ

どの時代にも、子供に対する愛情は同じですね。

今では、医学も発達し栄養状態もいいので幼くしてなくなることは少なくなりました。

昔の人が鯉のぼりに掛けた子供への思いは、今よりも重いものだったかも知れません。


本当に今を生きている私たちは恵まれていますね。

一度当時の時代にタイムスリップして、想像してみるのもいいかも知れません。

恵まれた世の中を生きていると、子供が元気でいる姿ですら当たり前になってしまいますからね。

元気で過ごしている子供を見る喜び、いまを生きている喜びを持って、鯉のぼりを上げましょう。


きっと天から神様が子供を守って健やかに育ててくれますよ♪
スポンサー広告

-年中行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

稲刈りの体験の感想!毎年これを読むのが楽しみだー

農業をしていて楽しみなのは、毎年、田植えと稲刈りで地元の小学生や都会の大人の人に体験してもらうことだな。 子供の頃は、農家の子供って言われるのなんか好きじゃないな。 学校で百姓の子って言われるの、なん …

熊手の飾り方!神棚も善し

酉の市の季節がやってきましたね。 この長引く不景気なので、景気付けに熊手を買ったのはいいが、どこに飾ったらいいのか・・・・? 家に帰ってから、あれっ どうしようかと悩んだことはありませんか。 私も以前 …

確定申告で還付金を受け取るための必要な持ち物はコレ!

今年も確定申告の時期が来ました。 ふるさと納税や医療控除などで確定申告すれば、還付金を受け取れる方も多いですね。 でも初めての方でしたら、何を用意したらいいのか? と悩むものです。 役所手続きって、な …

酉の市での熊手の買い方!初めての方のためのマナーと楽しみ方

11月の酉の日ににぎやかで威勢のいい市がたつ酉の市。 商売繁盛・家内安全を願って、全国から縁起物の熊手を買い求めに賑わいますね。 熊手は縁起物! 値段があってないというものの、どうやって買えばいいの? …

秋の七草の覚え方!3種類の語呂合わせで楽勝

秋の七草は、奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集において選定した七種類の草です。 古くから日本人に親しまれてきました。 秋の七草は鑑賞するもので、目で見て秋の季節感を楽しむものです。 …