知っているっていいね

日常生活で「知ってるって、いいね!」って思うことを書いていきます。

雑学・教養

国産松茸の相場はどれくらい?値段が高い理由はコレ

投稿日:2017年7月15日 更新日:

秋の高級食材と言えば、なんと言っても松茸です。


松茸の香りといい、味といい格別です。

食べたときの口の中で広がる風味は、なんともいえない美味しさがありますね。

焼き松茸のあの香りや贅沢にすき焼きに入れるのも、最高です。

思うだけで、食べたくなってきますね。


秋の味覚の代表格は、やはり松茸です。


でも国産松茸って、高級っていうイメージがあって、敷居が高いですね。

値段も高く、庶民はそうめったに食べられないものです。


外国産の松茸も市場に出回っていますけど、国産松茸の味や風味、香りと比べたらくらべものにならないです。

今日は、国産松茸の相場と値段の高い理由について書いていきます。
スポンサー広告

国産松茸の相場

国産松茸の相場は、時期と規格によって違います。

一番値が張るのは、出始めの頃です。

何でもそうですね。

数が少ないときは値が張りますね。



国産松茸の出始めの時期は、9月中旬から10月初旬です。

その時期は高値で取引されます。

その後、収穫量が増えていくと値段は安定してきます。



もう一つ、松茸の規格によっても値段が違ってきます。
・特上
傘が開いてなくて、長さがある松茸。重さは70グラムあるもの。
キロあたり・・・8万円~10万円
一本あたり・・・7,000円以上

・中つぼ
傘が少し開いた松茸。
キロあたり・・・6万円~8万円
一本あたり・・・5,500円前後

・上開き
傘の後ろの膜が切れていない松茸。
キロあたり・・・4万円~5万円
一本あたり・・・3,000円前後

・開き
傘が開いている松茸。
キロ・・・3万円
一本あたり・・・1,500円前後

・コロ
見た目は特上と同じだが、小さい松茸。重さは40グラムほど。
キロ・・・3万円
一本あたたり・・・1,500円前後
※天候の影響を受けるため、価格の変動はあります。  
 

国産松茸の旬の時期

国産松茸の収穫時期は、気温の変化によって若干違ってきます。
東北や北陸地方・・・9月中旬
中部地方・・・9月下旬

近畿地方・・・10月上旬

中国・四国地方・・・10月中旬

九州地方・・・10月下旬

9月~10月にかけて日本列島の北から順番に収穫が始まってきます。


北の方では、気温によっては8月中から市場に出回ることもあるそうです。

夏場に松茸?っていう地域もあるのですね。
スポンサー広告


輸入松茸と比べると

輸入松茸の値段を見ていきましょう。

外国産松茸の平均的なキロあたりの値段は、10,000円ほどです。

国産松茸の一番値段の高いものと比べると、10分の1
国産松茸の一番値段の安いものと比べると、3分の1です。


それにしても輸入品の松茸の方が、格段に安いですね。


市場に出回っている割合は、輸入品の松茸は年間1,000トンほどです。

それに比べ、国産の松茸は、40トンから45トンです。

となると、市場で見る松茸のほとんどが実は輸入品と言いうわけですね。

 
 
国別に見ると、中国からの輸入が圧倒的で年間780トンほどあります。

中国産松茸は、2002年基準値を超えた残留農薬が検出され、厚生労働省から検査命令が出たことがあります。

匂いも臭く、日本のスーパーでは人口香味料を使って、店頭にならんでいるようです。

そのあたりで中国産は敬遠気味です。

関連記事はコチラ中国産松茸の値段が安い4つの理由!


次いで、アメリカ産が210トンほど、カナダ産が170トンほどです。

アメリカ産は、日本の松茸と違う種類のため、形はどちらかと言うとマッシュルームに近く色も白い色をしています。

味や香りも外国産の中では一番ましと言われています。

ただ国産松茸と比べると、やはり物足りないようです。



それはそうですね。値段が大きく違うのですから、国産松茸と同じレベルの味を求めるのはやはり無理ですね。

難点は長距離での航空便輸送のため、燃料費の相場の影響を受けるため、価格が安定しないことです。



市場に出回っている松茸のほとんどが輸入品なので、国産松茸は希少価値が出てきますね。

国産松茸の値段の高い理由

昭和の初めのころ、松茸は山に豊富に採取され、市場で日常茶飯事にフツーに売っていました。

その頃は、松茸と言っても、そう重宝されることはなかったようです。

今とは違い、お風呂も蒔きで沸かす時代で、山の手入れも行き届いていました。

松茸が生える赤松の根元もよく整備され、松茸と人間の生活はウィンウィンの関係でした。


その後、蒔きで風呂を沸かすこともなくなり、段々人は山に入らなくなりました。

松茸は、水はけがよく、日当たりのいい乾燥した条件を選ぶため、現代のように荒れ放題になった里山には、松茸にとって困難な環境になってしまったのです。

そして段々松茸が取れなくなってしまったのですね。



今では、年間40トンしか採取できなくなりました。

それだけ希少価値もあり、輸入品では味や風味、香りは代えることができないので、いつの間にか国産松茸の値段は急騰していったというわけですね。

 
 
また国産松茸は、人工栽培ができない品種です。

まだ松茸の生態がよくわかっていなく、人工栽培まで研究が至っていないようです。

もし、松茸の人工栽培の仕方を発明した人がいれば、これだけ国産品が希少価値があるのですから、それはそれはすごいことになるでしょうね。

現状、国産松茸の数が少ないのが値段の高い理由です。

まとめ

国産松茸の相場は、キロで3万円から10万円と値が高くなりました。


また国産松茸の味や風味、香りは輸入品と比べると格別に違います。


市場に出回っている数量も、輸入松茸が年間1,000トンです。

国産松茸は年間40トンです。


国産松茸はそれだけ希少価値があります。


また松茸の人工栽培も不可能とれば、なおさらです。


地方再生で里山を整備し、松茸が育つ山に戻したいものですね。

自然をもっと大事にしていきたいものです。

関連記事
中国産松茸の値段が安い4つの理由!
松茸が栽培できない理由は独特の生態にあった!
スポンサー広告

-雑学・教養

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

てるてる坊主の作り方!エッ雨が降るって本当?

子供の頃に、てるてる坊主の歌を歌いながら、てるてる坊主を作った思い出は御座いませんか? てるてる坊主の歌は、「てるてる坊主てる坊主 明日天気にしておくれ♪」でしたね。 そのてるてる坊主ですが、作り方し …

カタツムリがナメクジに進化したって本当?人間目線じゃわからないよね!

梅雨の季節になると、紫陽花や庭の葉の上をカタツムリやナメクジが這っている光景をよく見かけますね。 子供の頃、よくナメクジが大きくなったら、カタツムリになるって思っていませんでしたか? 私は、思ってまし …

さんまのはらわたは取らない!簡単全部焼いて食べて旨いっ

食欲の秋。 秋と言えば、さんまの塩焼き、丸焼きが美味しいですね。 これぞっ 旨いって。 至極の幸せを感じます。 ところで、さんまのはらわた(内臓)食べる派、食べない派でわかれますね。 私は、さんまのは …

鼻毛の処理はどこまでやれば大丈夫?人はみんな見ているっ!

自分の鼻毛が、鼻から出ているか気になるのは私だけでしょうか? いやそれが気にならないようなら、人間の羞恥心もなくなっているのではないだろうか。 私は、思春期である中学生時代に鼻毛で思わずがっくりするこ …

てるてる坊主の作り方!折り紙で作る3つの動画を紹介

長ーい梅雨の時や楽しみな運動会の日、旅行や遠足の日。 絶対に雨降らないで! 晴れて! そう思ったときは、てるてる坊主を作ってみませんか。 簡単にできますし、折り紙で作ると色のついたてるてる坊主も楽しい …